2019年 5月 27日 (月)

10連休で動物園もひと工夫!じゃんけんで勝ったら賞品は「ラクダの毛」って・・・もらってどうする?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   高速道路はきょう3日(2019年5月)が下り線の渋滞ピークになった。観光客を集めるか、10連休商戦も賑やかだ。盛岡市動物公園の「じゃんけん大会」は賞品がユニーク。きのうは「触ることができないヒトコブラクダのふわふわの毛」だった。飼育されているヒトコブラクダの背中から採った毛が、ビニールの袋に入っている。

   他にも、「ゾウのマオが探し出してきた石」「ダチョウの卵(中身なし)」「ニホンジカのオスの角」など、いかにも動物園らしい。「カナダカワウソが体を拭くのに使っている麻袋」なんていうのもあるが、こういったものをもらってどうするんだろう。

岩手・盛岡市動物園で6日まで

   きょうの賞品は、「鳥類担当者が必死に集めたいろいろな鳥たちの羽根の詰め合わせ」。フラミンゴからフクロウまでで、集めるのに1年間かかったという代物ではあるが・・・。

   じゃんけん大会は毎日正午から。6日まで行われるという。

   司会の国分太一「なんか面白いね、この動物園」

文   ヤンヤン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中