2019年 10月 20日 (日)

天皇即位「一般参賀」10時間待ちの徹夜組!熱中症で救護所に次々駆け込み

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   5月4日(2019年)の天皇即位を祝う一般参賀には14万人が詰めかけ、徹夜組もいたため、予定より20分早い9時10分に開門された。お出ましは午後3時まで6回行われ、陛下は「みなさんの健康と幸せを祈るとともに、わが国が諸外国と手を携えて、世界の平和を求めつつ、一層の発展を遂げることを心から願っております」と述べた。

「暑いなかを感謝します」とねぎらい

   待ち時間が長かったことから体調を崩す人も出た。5月に一般参賀が行われたのは初めてで、暑さで熱中症も多かった。皇宮警察本部と東京消防庁によると、121人が救護所に運ばれ、28人が救急搬送された。

   陛下は5回目のお出ましではに「このように暑い中で来ていただいたことに感謝します」と気遣った。

   司会の加藤浩次「若い方も多かったんですよね」

   阿部祐二リポーター「一般参賀はフォーマルのイメージがあったんですが、若い方をみても、非常にカジュアル。開かれた皇室感が感じられた」

   小澤征悦(俳優)「上皇ご夫妻がいい距離感を作ってくださったんですよね」

    みっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中