2019年 11月 13日 (水)

太川陽介&蛭子能収「路線バス乗り継ぎ旅」復活!ルール緩めてバスなかったらタクシーOK

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タレントの太川陽介と漫画家の蛭子能収が路線バスだけを乗り継いで、目的地に決められた時間までにたどり着くテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が16日金曜(2019年5月)に復活する。現在放送の「太川蛭子の旅バラ」(よる6時55分)のスペシャルとして放送する。

   蛭子の体力が低下しているうえ、面倒臭がりにいよいよ拍車がかかっているため、ルールはかなり緩くなって、行程も1泊2日に短縮された。(これまでは3泊4日)路線バスがつながっていない区間に限り1万円までタクシーを利用可となった。ただ、インターネット使用は禁止。ルート、時刻などは、すべて自分たちで聞き込んで調べなければならない。

   山形・余目駅から岩手・宮古を目指す。かたせ梨乃、中川翔子が同行する。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中