2019年 5月 19日 (日)

<1年前のワイドショー> 危険タックル指示の日大アメフト指導者に反省なし!朝ワイドも「ひどすぎる!」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大学の運動部は、勝つためならこんな汚いことまでやるのかと、世間を唖然とさせたのが、<アメフットで日大が悪質タックル スポーツ庁長官までが「危険でひどい!」と激怒>(日本テレビ系「スッキリ」)、<日大アメフト内田正人監督雲隠れ!「試合に出たければQB壊してこい」>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<日大アメフト関係者が証言「出場減った選手に危険プレー指示」試合出たけりゃ壊してこい>(TBS系「ビビット」)という事件だった。

宮川泰介選手は潔かった!

   ワイドショーが怒ったのは、アメフト部の監督ら幹部や日本大の他人事のような対応だった。<悪質タックル事件 火に油を注いだ内田監督の謝罪訪問 大学名呼び違い、ピンクのネクタイとは>(「ビビット」)、<よくやく記者会見したアメフト内田監督、「心外だ」「回答は文書で」と反省ゼロ回答連発>(テレビ朝日系「モーニングショー」)、<スポーツ王国・日本大の没落・・・アメフトのプレーもひどいが、大学の対応もひどい>(「とくダネ!」)と批判した。

   一方、悪質プレーを指示された選手は会見で謝罪・釈明をした。<日大アメフト宮川泰介選手 潔かった!「僕がやってしまったことに変わりはありません」>(「ビビット」)と、やっとスポーツマンらしいさわやかさを見た。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中