2019年 11月 22日 (金)

「大ばか者」「国会議員の資格ない」丸山議員の「戦争で北方領土取り返せ」暴言にテレ朝コメンテーター、呆れる

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)(大坂19区)が11日(2019年5月)、北方領土の国後島を訪れた際、元島民との会話の中で「戦争で島を取り返す」という趣旨の発言をしたことが分かった。

   丸山議員は「酒に酔っていた」とし、はじめは「戦争で取られたものは戦争で取り返すという意見も出ているが、それについて賛成か反対かという話を聞いて回っていた。その話を一部切り取られた」と釈明していた。しかし、きのう13日深夜には発言を撤回、謝罪した。

tv_20190514120744.jpg

一番の当事者の元島民に向かって...あまりにひどい

   録音された会話を聞いてみると、丸山議員の当初の釈明がウソなのは明らかだ。

   訪問団団長で元国後島民の大塚小弥太さん(89)に対し、「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」などと大声で質問をしている。

   「戦争なんて言葉を使いたくないです」と大塚さんが返すと、「でも取り返せないですよね」「戦争しないとどうしようもなくないですか」としつこく発言を繰り返す。

   丸山議員の発言については、ロシア側も激しく反発。ロシア上院国際問題委員会のコサチョフ委員長は「戦争は日ロ関係において想像しうる最悪のものだ。こんな挑発的な発言をする人は領土問題の解決を求めてはいない」と嫌悪感をあらわにした。

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中