2019年 10月 20日 (日)

「大ばか者」「国会議員の資格ない」丸山議員の「戦争で北方領土取り返せ」暴言にテレ朝コメンテーター、呆れる

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本維新の会の丸山穂高衆院議員(35)(大坂19区)が11日(2019年5月)、北方領土の国後島を訪れた際、元島民との会話の中で「戦争で島を取り返す」という趣旨の発言をしたことが分かった。

   丸山議員は「酒に酔っていた」とし、はじめは「戦争で取られたものは戦争で取り返すという意見も出ているが、それについて賛成か反対かという話を聞いて回っていた。その話を一部切り取られた」と釈明していた。しかし、きのう13日深夜には発言を撤回、謝罪した。

tv_20190514120744.jpg

一番の当事者の元島民に向かって...あまりにひどい

   録音された会話を聞いてみると、丸山議員の当初の釈明がウソなのは明らかだ。

   訪問団団長で元国後島民の大塚小弥太さん(89)に対し、「戦争でこの島を取り返すことは賛成ですか?反対ですか?」「ロシアが混乱している時に取り返すのはOKですか?」などと大声で質問をしている。

   「戦争なんて言葉を使いたくないです」と大塚さんが返すと、「でも取り返せないですよね」「戦争しないとどうしようもなくないですか」としつこく発言を繰り返す。

   丸山議員の発言については、ロシア側も激しく反発。ロシア上院国際問題委員会のコサチョフ委員長は「戦争は日ロ関係において想像しうる最悪のものだ。こんな挑発的な発言をする人は領土問題の解決を求めてはいない」と嫌悪感をあらわにした。

飲酒したら議員辞職すると禁酒宣誓書を出していた

   実は、丸山議員は過去にも飲酒で問題を起こしていた。2015年12月に、東京・大田区の路上で男性5人ともみあいになり、相手の手をかんでトラブルになったのだ。その後SNSに「先日の不始末について猛省と自重の決意の証として自主的に、禁酒宣誓書を幹事長へ提出してまいりました。今後の議員在職中において公私一切酒を口にしません」と投稿し、再度飲酒した時には議員辞職する意向を示していた。

   青木理(ジャーナリスト)「文字通り、最悪の発言です。国会議員が『戦争』という言葉を口にしたときに、国内的にも国際的にもどういう波紋を広げるのか、想像力がおよんでいない」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「国会議員の死角はない。酒の問題に矮小化してはいけません。怖いです。国の支配層と言われる人の中に、外交問題の解決手段として、戦争という選択肢を持っておきたいという意向がずっとあるんだろうな、と思う。軍事力の裏付けを持って外交をすべきだと。維新もそういう政党だと思わざるをえない」

   青木「一番の当事者で、誰よりも北方領土に思い入れがあり、一刻も早く返してほしいと願う元島民の方に向かって言っている。そこも最悪だ。論外と言うか、大ばか者ですよ」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中