2019年 7月 19日 (金)

中国のユニクロで客が商品の奪い合い 開店わずか3秒で完売、日本にも飛び火するか?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   中国のユニクロに客がものすごい勢いで殺到する動画が、中国版ツイッターのウェイボーに投稿された。若い男女多数が店のシャッターが上がり切る前にくぐって棚に猛ダッシュ、商品を奪い合う。中にはマネキンからTシャツを脱がせたり、床に転がりながら「絶対に離さない」と他の客と引っ張り合ったりするシーンも映っていた。

   近藤春菜(お笑いタレント)「ゾンビ映画みたい。整理券を出さないと危険ですよ」

有名アーティストとのコラボ企画がアダに

tv_20190604114958.jpg

   きのう3日(2019年6月)、米国出身のアーティストKAWS(カウズ)とのコラボレーションによるTシャツを売り出したため、どっと集まったらしい。KAWSが自身のインスタグラムに「ユニクロとのコラボはこれが最後」と投稿していたこともあるようだ。

   1枚1550円の品を1人で20~30枚買い占める客もおり、一部の店では開店から3秒しないうちに完売した。人気商品は10倍の値で転売されている。

   ロバート・キャンベル(日本文学研究者)「好きだからとか、アートに近づきたいからとかではなく、明らかに転売目的で、買い占めようと無理にやっている」

   司会の加藤浩次「日本でもあり得ることです。どうしたらいいのか」

   前田裕二(動画配信サービス代表)「点数制限など、なんらかの規制をしないといけないのではないですか」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中