2019年 6月 17日 (月)

カネが乱れ飛ぶ「青森選挙」4月の県議選でも逮捕者続出!差し入れおにぎりの中に1万円札

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   4月(2019年)の青森県議選で澤田恵・県議が公職選挙法違反で逮捕され、あらためて津軽の金権選挙が浮き彫りになった。澤田は三戸町の町議に現金数万円を渡して票の取りまとめを依頼し、町会議員3人と澤田の後援会関係者らも逮捕された。三戸町は町議12人中9人に金が流れた疑いがある。

   町民は「自分のやったことの責任が取れない議員はよくない。解散して再選挙するのが妥当」「ここで変わらなければいつまでも変われない」と憤る。ところが、6月12日の定例町議会で、大向信市議員がこの事件を取り上げようとすると、澤田道憲議長は「暫時休憩とします」と発言を封じてしまった。

   澤田は2007年、2011年の県議選に出馬して落していたが、今年4月の県議選で初当選した。やはり県議だった父親も公職選挙法違反で逮捕され、有罪判決を受けている。

伊奈かっぺい「選挙管理委員が相手の票食べちゃう」

   青森県ではこれまで不正選挙が横行してきた。選挙管理委員が開票作業を中止して票の操作を行ったり、開票所に支持者が乱入し票を破り捨てるという事件も起こっている。

   住民は「50年前に300円もらった」「20年前には街頭演説会に行くと、握手した手に1万円握らされた」など体験談が次々と出てくる。差し入れのおにぎりの中に1万円が入っていたとか、支持者の好みに合わせて釣り竿や漫画本などがプレゼントされるなど、さまざまな手口があるようだ。

   こうしたことはその後も改善されず、最近では2014年の平川市長選で市長と議員20人中15人が買収容疑で逮捕された。こうした金権選挙は「津軽選挙」と呼ばれてきた。

   青森県出身のタレント・伊奈かっぺいは「選挙管理委員会が相手の票を食べるという話は聞いています。子供が自転車が欲しいというと、親がもうすぐ選挙だから待っててねと話したということもありましたね。不正選挙が津軽から南部の三戸町までいったとなると、津軽選挙ではなく青森選挙と言わないとダメ」と話した。

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中