2019年 10月 23日 (水)

故人から預かってた違法DVDを警察に届けるぞ―新聞お悔やみ欄見て架空請求の脅迫手紙

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   最愛の夫を失った家族に、とんでもない手紙が届く。夫から「児童ポルノ」のDVDを預かっており、保管料を払わないと警察に渡すという一種の「脅迫」だ。手紙の文面はこうだ。

   「突然の手紙、失礼いたします」で始まり、新聞の「お悔やみ欄」から知ったとして、「貸しスペース業をしている」「ご主人様から預かった荷物があり」「中身を確認したら、違法なわいせつDVDでした」「児童ポルノは、今は別格に罪が重く、警察やマスコミがうるさい」

   「荷物の利用料金は解約時に清算することになっていて、14年分168000円です」と振込先の口座番号とメールアドレスがあり、「入金の確認次第DVDは処分します」「振込がないと、違法DVDを警察に提出します」と記されている。ご丁寧に「追伸:これは脅迫ではありません、その点宜しくです」とある。

北海道警へ届け出20件―差出人・消印すべて同じ

tv_20190705144801.jpg

   北海道で発生していて、警察への相談件数はすでに20件以上になるという。「とくダネ」は、52歳でなくなった人の家族を取材した。帯広市に住む50代の妻と20代の息子は「本当に腹がたつ」と怒る。あて名は喪主の妻で、北海道新聞の「お悔やみ欄」に載った住所になっていた。

   手紙の消印はすべて6月20日で北見。差出人の名前も同じだった。

   司会の小倉智昭「ついにお悔やみ詐欺かね」

   山崎夕貴キャスター「この文章は稚拙で、信じないですよ。もしこれがしっかりした文章だったら、落ち込んでる時で、私の知らない一面があるのかなと騙されるかもしれないですね」

   中瀬ゆかり(「新潮社」出版部部長)「性善説で出しているものを、悪用しているんですね。こういうことが起こると、載せるのやめておこうかということにもなりかねない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中