2019年 11月 15日 (金)

和の料理人が教える超簡単「ご飯のお供」 永作博美も絶賛「高級料亭に出てきそう!」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本料理の篠原武将さん、フレンチの秋元さくらさん、中国料理の山野辺仁さんの3シェフが、ゲストのリクエストに応えてオリジナルレシピを披露する「ハレトケキッチン」コーナー。

 

   きょう9日(2019年7月)は、「白いご飯が大好き」という永作博美さん(俳優)が「ご飯のお供」をリクエストした。

 

   篠原さんが作ったのは「しらすの木の芽煮」。「このまま食べてもおいしいしらすなんですけど、炊いてやることでふっくらして味がしみておいしいんです」(篠原さん)

木の芽は大葉で代用してもOK

 

   しらす干し(150グラム)と水(150ミリリットル)、酒(大さじ2)、うす口しょうゆ(小さじ1)を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら中火にして5分ほど煮る。

 

   細かく刻んだ木の芽(山椒の若芽、15~30枚)を鍋に加える。「結構高価なものなので、なければ大葉でも代用できます。香りがあるものがいいです」(篠原さん)

 

   しらすの体がバラバラにならないよう優しく混ぜ合わせ、温まったら完成。出来たてをご飯にかけていただく。

 

   永作さん「高級料亭に出てきてもおかしくないくらい品がいいですね。おいしいです。本当にふっくら」

 

   保存する場合は密閉容器に入れ、冷蔵庫で2日ほど持つ。

 

   篠原さん「それ以上保存すると山椒の香りが飛んでしまいます」

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中