2019年 12月 11日 (水)

息子のいじめ「学校も教委も何もしてくれない」業を煮やした父親が一部始終をツイート公開

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   中学3年の息子がいじめを受け、村八分状態が4か月以上続いているのに、学校も教育委員会も動いてくれない。そこで父親が取った手段が、ツイッターで中傷内容を公表することだった。

   父親のツイッターは3日前。「息子がいじめられていて、ひどいメッセージが送られてきても、警察は事件にはできないと・・・。(加害者は)罰せられず反省もしない。こんな世の中おかしい」と、「いじめ」の実態をツイートした。

   「友達欲しいんだったら貢げば?w」土下座して地面なめたら仲良くしてあげるよ?w」「バカにもほどがある」「あと学校来なくてもいいよ」

   いやあ、なんともひどい。

「誰も助けてくれない。どうしようかと思ったんです」

   「とくダネ!」は父親に話を聞いた。「息子が、助けて、怖いという。誰も助けてくれない。どうしようかと思ったんです」という。ツイートしたのは「いじめた側が反省しないで普通に過ごす世の中ってどうなのか、訴えるのが一番だと思いました」

tv_20190718122435.jpg

   発端は1月(2019年)だった。学校のスキー合宿で級友と笑顔を見せる息子の写真がある。「楽しかった」といっていたが、その数日後、笑顔が消える。息子がクラスメートのA君に「B君がムカつく」といったのがB君に伝わり、息子が無視されるようになった。

   3月の中旬になって、息子が両親に「学校へ行きたくない。いじめられてる」と訴えた。学校へ連絡したが、5月になって、誹謗中傷のダイレクトメッセージが届いた。

   父親は学校と警察に連絡、同時にメッセージの送り主がC君であることを突き止めたが、C君は認めない。最後は警察が入ってC君も認めた。そこでC君の親との間で話し合い、「誹謗中傷をしない」という誓約書を取った。

   その後も事態は変わらなかったが、学校も教育委員会も「いじめはない」とした。現在は別室で自習する状態が続いているという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中