2019年 12月 9日 (月)

大学生のマルチ商法被害が拡大!「儲かる投資情報」と偽り50万円でUSB売り付け

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   博多大吉キャスター「最近、学生さんが被害にあうマルチ商法が急増しているそうですよ」

   50万円以上も借金をして、投資に役立つ情報が入っているというUSBを買ったが、儲けることはできず返済に困る学生が増えているという。

   2018年度のマルチ商法の年代別相談件数は、20代が最多で4000件以上にのぼっている。東京都消費生活総合センターの相談員は「毎日といっていいくらい相談が来ます。全然儲からなかったとか、大きな損をしたという話が多いです。なかには奨学金を全部つぎ込んでしまったという方もいます」と話す。

学生ローン借りて購入!大損して返済できない

   なぜ借金を背負ってまで契約してしまうのか。大学4年生の斎藤さん(仮名)が体験を語った。きっかけは高校時代の友人の「投資で月に30万円ほど儲けているから一緒にやらないか」という連絡だった。「投資で成功する秘訣を教えてくれるすごい人に会わせる」と言われ、スーツで来るよう指定された。

   夕方5時に待ち合わせし、「すごい人」に会えたのは夜の9時。高級ホテルのラウンジで「AIが搭載されている」というUSBを見せられ、「これを使えば8割の確率で儲けられる」と言われた。値段は50万円以上。最初は断ったが、「もう一人すごい人が近くにいるから会いに行こう」と言われ、流されるままに付いて行った。

   別の飲食店で「もう一人のすごい人」に会ったのが夜中近い11時。USBがいかに優れているかを巧みな話術で訴えてきた。和やかな雰囲気もあり、時間を忘れ、「すごい人」の自宅にまで行く羽目に。話は相手のペースで進み、気付けば、お金の借り方を細かく指示され、USBを買う流れになっていた。

   斎藤さんは「お金を借りる時は『留学する』って言った方がいいとか、学生ローンの借り方を徹底的に練習させられました。怪しまれちゃうから、借り方を暗記して、みたいな感じ」と話す。

   話は午前4時まで続き、翌日、友人と一緒に学生ローンへ。指示通りに審査に答え、借金してUSBを購入してしまった。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中