2020年 12月 5日 (土)

対談「是枝裕和×ケン・ローチ」なぜ家族を撮り続けるのか・・・最新作「真実」「家族を想うとき」もテーマは家庭崩壊

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   今月(2019年9月)行われたベネチア映画祭で、是枝裕和監督の最新作「真実」がオープニング上映を飾った。カトリーヌ・ドヌーブが演じる仕事中心に生きてきた俳優の母と、その母の愛情を感じられずに生きてきた娘の物語だ。これまでも育児放棄された子どもや貧困に苦しむ人々など、揺らぐ家族の姿を描いてきた是枝監督は、最新作の完成直前に長年影響を受けてきたイギリスの巨匠、ケン・ローチ監督を訪ねていた。

   「監督デビューしたときに一番指針となった人で、憧れの存在」と是枝監督が言う。半世紀以上にわたり、社会の矛盾を告発する映画を作り続け、この冬に公開される新作「家族を想うとき」でも、劣悪な労働環境に引き裂かれる家族の姿を描いている。2人は、世界で進む「家族の崩壊」について語り合った。

社会矛盾のしわ寄せが家族に

   ローチ「いま労働者は力を失い、そのしわ寄せで、家庭の貧困化や家族の崩壊が起きています」

   是枝「『万引き家族』公開時には、"犯罪を擁護するのか""自己責任だろう"という意見がネットを中心に飛び交いました」

   ローチ「私も"お前は国の敵だ"と批判されました。それは、社会を支配している者たちにとって、自分たちの利益こそが国益だからです」

   スタジオで武田真一キャスターに、家族を描き続ける理由を問われた是枝監督はこう語った。「うーん、わからないから面白い。もっと知りたいと思っているからでしょう。家族とか母とか父、子どもを、"こうあるべき"と考えるべきではないと思っているので」

   「地域や学校、いろんな共同体が形を変えつつあります。そんなときに、人がすがる最後の共同体が、もしくは最初の共同体が、家族なのだと思います。しかし、そこにいろんなしわ寄せが来ています。だから、いろんな事件が家の中で起きているのでしょう」

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中