2019年 11月 20日 (水)

大人顔負けの知識や才能を持つ子どもが登場 好きなことを夢中で話す姿を見ているだけで嬉しくなる
〈サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん〉(テレビ朝日系)

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   あるひとつの分野に関し、大人顔負けの知識や才能を持った少年・少女たちが「博士ちゃん」として登場。サンドウィッチマンの2人を相手に特別授業を行う番組。この日は初回2時間SPで、「史上最年少10歳で合格率8%のさかな検定1級に合格した小5のレアうま魚博士ちゃん」「仏像研究で文部科学大臣賞を受賞した小6の珍仏像博士ちゃん」「中1の世界の楽器博士ちゃん」の3人が登場した。

   たとえば、最初の「魚博士ちゃん」。これまでに食べた魚はなんと300種類以上。そのすべてをノートに記録。入手困難度や美味しさなどを格付け、さらに魚の骨も収集。知識量も凄いが、マイ刺身包丁であっという間に魚をさばいてお刺身にしてしまうのにも驚いた。「1口目は素材を味わうために醤油なしで」には恐れ入った。

   2人目の「珍仏像博士ちゃん」も凄い。2017年「運慶展」のポスターを見て感動し、仏像に興味を持ち始め、仏像のビデオを見て、部屋に仏像のフィギュアを飾って拝む仏像漬けの日々だとか。3人目の「世界の楽器博士ちゃん」は、雅楽師・東儀秀樹(とうぎ・ひでき)の息子で、父が集めた各国の珍しい民族楽器をみごとに演奏。3人ともキャラが独特で興味深い。

   自分の得意なことを喋る番組といえば「マツコの知らない世界」。こちらはその子ども版。好きなことを夢中で話す子どもを見ているだけで嬉しくなる。彼らに共通するのはテレビを見ないこと。サンドウィッチマンを知らないのには笑った。これは面白い。(放送2019年10月12日18時56分~)

(白蘭)

採点:2
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中