2021年 4月 22日 (木)

政治の怠慢で起きた台風19号「河川決壊・氾濫」見えやすい復興はやるが堤防整備など事前対策は20年間放ったらかし

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

愛してやまない吉永小百合さまが今やりたいのは「空手」だって・・・空手着の彼女を見たい

   私が愛してやまない吉永小百合が週刊朝日でインタビューに答えている。最新作「最高の人生の見つけ方」(公開中)について語っている。これは、しばらく前に公開されたジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが、余命半年と宣告され、次々に死ぬまでにやりたかったことをやっていくというストーリーで、日本でも大ヒットした。

   これをリメイクしたものだが、こちらは天海祐希との女2人が主人公である。11日から公開されている。見に行こうと思っているのだが、台風のためにまだ見ていない。

   彼女は私と同じ年の生まれで、彼女は3月の早生まれ、私は11月だから、8か月もお姉さんになるが、若々しさと健康的なところは、往時と変わらないのは凄い。あなたの死ぬまでにやりたいことはと聞かれ、こう答えている。

   <「新しいスポーツをやりたいという思いがあるんですよね。アウトドア派で、体を動かすのは大好きですから。これまでずいぶんいろいろなスポーツをやってきました。合わないと思ったものはやめて、また新しいものに挑戦するというのを繰り返してきたんです。

   腹筋はちゃんと続けていますよ。強度は弱くしてますけど、毎日100回やっています。最近面白そうだと思っているのは、空手です。東京オリンピックで正式種目になって、テレビでやることも多くなりましたよね。

   清水(希容)選手という美しい女性がいまして、彼女のやる形がとてもきれいなんですよねえ。空手の形をやると体にいいでしょうし、その動きが芝居にもプラスになるんじゃないかと思っています。それで今、憧れています。

   これまでやらずに後悔したことですか? これは後悔とは違うんですが、他の職業を知らないということですね」>

   これからやりたいスポーツが空手というのは驚く。空手着を着た姿を見てみたいものだ。

   女優をいつまで続けるの。<「女優も、いつまでできるかはやってみないとわかりません。幕が下りるときは、自分で感じると思うんです。そのときはやめようと思います。(樹木)希林さんのように、最後まで何本も出続けるのはかっこいいと思います。でも私にそういうことができるかどうか。それはわからないですね。

   あまり先のことは考えず、『最新作が代表作』になるように、いただいたお仕事をひとつずつ頑張っていきたいと思います」>

   私が死ぬまでにやりたいことは、吉永小百合にインタビューすることである。それができたら死んでもいい。永遠のサユリストの夢である。(文中敬称略)

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中