2020年 11月 24日 (火)

マラソン・競歩スッタモンダでわかった「もうオリンピックはオワコン」

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   オリンピックのマラソンと競歩は札幌開催に決まった。武田真一キャスターは「オリンピックは誰のものかが問われます」と問題提起した。IOCは「アスリートファースト」を強調し、選手の命と健康を守るとして、コーツ調整委員会委員長は「東京より800キロ北で気温が5から6度低い札幌なら安全にレースを実施できる」とした。

   スポーツ倫理学が専門の早稲田大・友添秀則教授は、「五輪の価値とは何かを考える必要がある」という。「(棄権選手が相次いだ)ドーハのようでは、命をかけたサバイバルゲームになってしまう。ここでストップをかけないといけない。死者が出れば、五輪の持続的発展はありえないとの危機感もあったのでしょう」と推測する。

IOCが心配した「東京強行ではトップ選手が次々出場取りやめ」

   オリンピックの競技会場は開催都市と実際の運営を担当する大会組織委員会が協議したうえで、主催者のIOCに提案するボトムアップ方式で決まってきた。それを今回はIOCの一存、トップダウンであわただしく行った。

   「観客のいないドーハの異様な光景を東京で繰り返したくなかったという決意の表れ」と友添教授は見る。東京なら早朝スタートでも観客ゼロとはあまり考えにくいが、ドーハよりも蒸し暑いといわれる東京開催を強行したら、参加を取りやめるトップ選手が続出する心配は大きかった。寂しいレースになることは目に見えていたのだ。

   さらに、日本の早朝はアメリカ東部では夕方だ。多くはテレビを見ている時間ではない。こんなレースでは、IOCに巨額の放送権料を払っているアメリカのテレビ局が納得するわけがない。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中