2020年 7月 10日 (金)

マラソン・競歩スッタモンダでわかった「もうオリンピックはオワコン」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   オリンピックのマラソンと競歩は札幌開催に決まった。武田真一キャスターは「オリンピックは誰のものかが問われます」と問題提起した。IOCは「アスリートファースト」を強調し、選手の命と健康を守るとして、コーツ調整委員会委員長は「東京より800キロ北で気温が5から6度低い札幌なら安全にレースを実施できる」とした。

   スポーツ倫理学が専門の早稲田大・友添秀則教授は、「五輪の価値とは何かを考える必要がある」という。「(棄権選手が相次いだ)ドーハのようでは、命をかけたサバイバルゲームになってしまう。ここでストップをかけないといけない。死者が出れば、五輪の持続的発展はありえないとの危機感もあったのでしょう」と推測する。

IOCが心配した「東京強行ではトップ選手が次々出場取りやめ」

   オリンピックの競技会場は開催都市と実際の運営を担当する大会組織委員会が協議したうえで、主催者のIOCに提案するボトムアップ方式で決まってきた。それを今回はIOCの一存、トップダウンであわただしく行った。

   「観客のいないドーハの異様な光景を東京で繰り返したくなかったという決意の表れ」と友添教授は見る。東京なら早朝スタートでも観客ゼロとはあまり考えにくいが、ドーハよりも蒸し暑いといわれる東京開催を強行したら、参加を取りやめるトップ選手が続出する心配は大きかった。寂しいレースになることは目に見えていたのだ。

   さらに、日本の早朝はアメリカ東部では夕方だ。多くはテレビを見ている時間ではない。こんなレースでは、IOCに巨額の放送権料を払っているアメリカのテレビ局が納得するわけがない。

文   あっちゃん
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中