2019年 11月 18日 (月)

「たけしは終わった」を決定的にした『27時間テレビ』最低視聴率!生放送でリニュアルしたが・・・

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2日(2019年11月)から3日にかけて放送されたフジテレビ系「FNS27時間テレビ~にほんのスポーツは強いっ!~」の平均視聴率は、これまでの最低記録を更新する5・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

   昨年(2018年)も過去最低で、ことしは9月から11月に変更、3年ぶりの生放送にして、ビートたけし(72)が27時間出ずっぱりで総合司会を務めたが、低落は止められなかった。

「いだてん」のたけしナレーションも不評

   たけしが視聴率が取れなくなっていることは、他番組でも明らかだ。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の視聴率1ケタも、古今亭志ん生役のたけしの聞きにくいナレーションも原因の一つだろう。最近はTBSの情報7days ニュースキャスター」も、「ビートたけしの刮目NEWS」コーナーになると、途端に視聴率が下がるという。

   かつてはたけしが出てくるだけで番組は人気となったが、時代は変わったということだろう。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中