2019年 12月 16日 (月)

「タピオカ店恫喝」の木下優樹菜、加藤浩次「本当に素直な子なんだ。姉のことで感情的に?」とかばいだて

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   姉の勤務先に恫喝ダイレクトメール(DM)を送り、騒動になっている「ユッキーナ」ことママさんタレントの木下優樹菜(31)が18日(2019年11月)、芸能活動を休止することを発表した。

   姉が勤務していたタピオカ店のオーナーと姉との間に給与の支払いをめぐるトラブルが起きていたことを知った優樹菜は10月7日(2019年)、オーナーのSNSに「弁護士立てて法的処理、いくらでもできるから。これからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「週刊誌に姉がこうなったって言えるからさ」「覚悟決めて認めなちゃい。おばたん」「いい年こいたばばあが」などとDMを投稿。その内容がSNSで拡散され、「これは恫喝ではないか」などと批判の声が上がり、大炎上する事態になってしまった。

オーナーは「裁判で訴える準備を進めている」と激怒

tv_20191119120138.jpg

   優樹菜は2日後の10月9日、自身のインスタグラムに謝罪文を投稿。しかしその後もイベントが出演中止になるなどし、影響が出ていた。

   オーナーの妻は「スッキリ」の取材に応じ、優樹菜からオーナー宛てに送られてきた新たなDMの存在を明かした。10日(10月)に届いたもので、内容は「一時非常に感情的になってしまい、突発的にメッセージをお送りしてしまいました。今回の件については、お店のことも含め『お互いに、誹謗中傷をしない』『お互いに第3者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか(一部抜粋)」などというものだ。

   一連の謝罪に対し、オーナーは「弁護士を通しているため何も回答できない。今後裁判で訴える準備を進めている」と述べている。

   司会の加藤浩次「僕は優樹菜さんとは若いころから何度も仕事をしていますが、全く裏表のない本当に素直な子という印象がずっとあります。『身内がそんな思いしているんだったら納得いかない』っていう怒りの部分があったのかと。年齢的に『事務所総出で』とかそういう言葉を使ってしまったのは問題あるんだけど、感情的になってしまったのかなという印象です」

   高橋真麻(フリーアナウンサー)「木下さんは日本で4番目にフォロワーが多い人ですから、ポジティブな話題もネガティブな話題もこれだけ影響力があるということを自覚すべきでした」

   前田裕二(実業家)「ダイレクトメールをもはやダイレクトメールと思わない方がいいというのが一番の教訓です。『ダイレクトで、クローズドで、共有されない』という前提で全然知らない人とコミュニケーションすることはリスクのあることです」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中