2020年 10月 20日 (火)

<永遠の門 ゴッホの見た未来>
世間に認められず燻ぶるゴッホ・・・画家でもある監督と老優が見事に描いた奇才

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   1888年、画家としてパリではまったく評価されていないフィンセント・ファン・ゴッホは、出会ったばかりのゴーギャンの「南へ行け」というひと言で、南フランスのアルルへ向かった。弟・テオの経済的支援を受けながら、『黄色い家』をアトリエにして創作活動を始める。

   新表現主義の画家であり、映画「バスキア」「潜水服は蝶の夢を見る」などを監督したジュリアン・シュナーベルの最新作である。スクリーンに登場する130を超えるゴッホの絵は、シュナーベル、主演のウィレム・デフォー、そしてスタッフの画家チームらによって描かれたという。

精神を病んでボロボロになっていく37歳

   まず、37歳のゴッホを演じたのが64歳のウィレム・デフォーというのが驚きである。「プラトーン」(1986年)や「スパイダーマン」(2002年)など、コワモテな風貌を生かした癖のある悪役を演じさせたらピカイチという印象があったが、この映画では一からシュナーベルに絵画の技術を学び、若きゴッホを熱演している。

   とはいえ、スクリーンに映るデフォーは特段メイクなどで若作りしている様子はない。ほとんど素のデフォーそのまま。ゴッホのトレードマークである赤毛に染めているくらいである。むしろ、顔に深く刻まれたほうれい線や骨ばった手など、まぎれもない60代の外観が、精神を病んでボロボロになってしまった37歳のゴッホを演じるのに大いに役立ったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中