2020年 11月 28日 (土)

ゲスト前澤友作にトコトンすり寄る番組MC坂上忍 ああ情けない、恥を知りなさい!
〈直撃!シンソウ坂上〉(フジテレビ系)

   ZOZO前社長前澤友作に坂上忍が直撃し、今年(2019年)1月の「1億円お年玉企画」に始まり、ZOZO社長退任、趣味のアート、宇宙計画、そして女優・剛力彩芽との破局について、シンソウを訊く企画。別れた相手のことを今さらテレビでどうこういうのはいかがなものか、と思ったが、前澤よりも、番組MCの坂上と番組そのものに不快感を抱いた。

   「わ~本物だ~」と前澤にすり寄る坂上。「いやいや、だって『バイキング』で相当いじっていただいてるから」とイヤミをかます前澤。ワインを注ぐ前澤に「これ結構なワインじゃないですか?」と坂上、「ロマネコンティの兄弟、グラン・エシェゾーっていう...」と前澤が説明すると、「ですよね」と。本当にわかってんのか!?だ。

   「どうして、出てくれたんですか?」と訊けば、「坂上さんにしても会ったこともない人のことをペラペラおっしゃるのって結構イヤじゃないかなと思って」と前澤。そんな感じで始まった。

   番組的には目玉は剛力の話。だからといって、2時間SPの途中に、「今年50周年『男はつらいよ』 倍賞千恵子涙の告白...渥美清に救われた」を挟むことはないだろう。CMまたぎで「剛力彩芽との破局の真相 前澤友作が独占告白」というテロップを出し、引っ張るだけ引っ張るという下品な演出。さくらの涙もただのつなぎにされ、あの世で寅さんもお怒りのことだろうよ。おまけに坂上、前澤にプライベートジェットに乗せて、と懇願する始末。ああ情けない。(放送2019年12月5日19時57分~)

(白蘭)

採点:0
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中