2020年 11月 28日 (土)

<ドクター・スリープ>
ついに明かされる「シャイニング」の謎!キングの小説とキューブリックの映画が見事にコラボした続編

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   40年前の事件で受けた傷が癒えず、孤独に生きる男ダン・トランス(ユアン・マクレガー)は、彼がもつ特殊能力「シャイニング」につられ、どこまでも追いかけてくる亡霊たちから逃げるように放浪生活を続けていた。アルコール中毒にも悩まされていたが、友人ビリー(クリフ・カーティス)に助けられてフレイジャーという町のホスピスで働き始める。

   平穏な日々を送るダンの元に、彼と同じく「シャイニング」の持ち主のアブラ(カイリー・カラン)という少女が現れる。アブラはその能力を使い、はるか離れたところで起きた少年殺害を"目撃"していた。殺害集団は、子どもたちのシャイニングを貪ることで数百年生き続け、そのためには手段を選ばなかった。

   そのリーダーのローズ(レベッカ・ファーガソン)は、アブラの並外れたシャイニングを感じ取り、その力をわがものにしようと狙っていた。ダンはアブラを守るため、隠していた能力を開放し、ローズらと戦うことを決意する。

ファンをうならせた展望ホテルの完璧再現

   この映画はスティーブン・キングの最高傑作と言われる小説「シャイニング」の40年後を描くと同時に、1980年に公開されたスタンリー・キューブリックの映画「シャイニング」の続編でもある。キング原作とキューブリック監督作では設定や結末にかなりの差異があり、ほとんど別物だが、この映画ではそれぞれのエッセンスや設定を踏襲しながら、両方の続編としての機能を果たしている。

   前作でキューブリックがあえて詳細に描かなかった「シャイニング」という特殊能力を、今回はスプーンを浮かせるたり、人間が(意識の中で)空を飛ぶなど、これでもかと描いている。

   ホラー要素としては、キューブリック版へのオマージュが随所に感じられ、前作の舞台である展望ホテルを、ワーナー・ブラザーズに保管してあったキューブリックによる設計図を元に、タイプライターの位置まで忠実に再現されている。まさに蘇った名作の姿でもあり、映画ファンを唸らせる。

シャーク野崎

おすすめ度☆☆

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中