2020年 2月 19日 (水)

『帰省ブルー』年末年始が憂鬱な妻たち・・・夫の実家に泊まりに行きたくない

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「帰省ブルーという言葉が話題になっています」と、司会の国山ハセンが取り上げた。街で聞くと、「お義母さんが犬といっしょに風呂に入るんです。嫁の私は毛だらけの風呂に入らなければならない」「義母が息子にサプリメントをすすめる。介入しないで」など、さまざまな声があった。

   「実家にはあまり帰りたくない」「本当に家族になっているのかと思うときがある」と、夫の実家への帰省は苦痛だという。「何もしなくていいよと言いながら、かげでうちの嫁は何もしないと言っている」というのもあった。

「同居ブラック」もあるのよ!

tv_20191226124212.jpg

   帰省ブルーどころか、帰るたびに同居を求められる「同居ブラック」の言葉もあるそうだ。

   中島健太(画家)「女性からしたら、自分たちは共働きなのに、年配世代は家事は女性の意識が出るんでしょうね」

   キャスターの立川志らく「噺家仲間のかみさんには、帰省すると、亭主が子どもに返るからイヤというのもありました」

   姑世代には「べつべつに(正月を)したいぐらい」「孫のしつけが気になる」といったストレスがあるそうだ。

   森まどか(医療ジャーナリスト)「戸惑うときはあります。頑張りすぎないことが必要では」

   山岸久朗(弁護士)「弁護士としての経験では、問題をおこすところは、夫の調整能力が不足しています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中