2020年 11月 30日 (月)

カラス1万羽が来襲!熊本市民は戦々恐々・・・ギャアギャアうるさいし街中フンだらけ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   熊本市内にカラスが異常発生して、さまざまな被害が出ている。およそ1万羽のカラスが、街路樹、電線、ビルの屋上に押し寄せ、「ギャーギャー鳴いてうるさい」「気持ち悪い」「空が真っ黒になる時もある」と市民は困り顔だ。

   翌朝は市内のいたるところでフン害だ。カラスがとまっていた歩道橋の手すりにはフンがべったり、公園のベンチ、公衆電話ボックス、駐車してあった車などは悲惨な状態になっていた。清掃の専門業者は「カラスのフンの掃除は大変。高圧洗浄機では追いつかないので、デッキブラシを併用しているが、それでも20~30分かかる」と話す。

   農業への被害もある。タマネギ農家は「せっかく植えた苗を根こそぎ抜いてしまう。抜くだけで食べないので、余計腹が立ちます」という。年間100万~150万円の損害だという。

中国・ロシアから渡ってくるミヤマガラス

tv_20200116121936.jpg

   カラスが大量発生するようになったのは2018年11月だった。東都大学の杉田昭栄教授によるとミヤマガラスで、中国やロシアから冬鳥として渡ってきて、3月頃まで日本に留まる。司会の国山ハセンは「ミヤマガラスは1970年代に九州に飛来し始め、90年代に分布を拡大し、2000年代にはほぼ日本中に広まっています。今後、関東にも大群で飛来する可能性もあります」と伝えた。

   フン害は青森や新潟でも問題になっている。佐賀市はミヤマガラスの捕獲を試みている。網製のワナを作り、中にエサと仲間のカラスを入れておびき寄せる作戦だ。しかし、捕獲できるのはハシブトガラスやハシボソガラスばかりで、警戒心の強いミヤマガラスはワナにかからない。熊本市の郊外などでは爆竹で追い払っているが、街中はそれも難しい。

   画家の中島健太は「フン害だけでもバカにならないが、フンによってウィルスや病原体が広がるリスクがあります」

   弁護士の山岸久朗は「カラスは鳥獣保護法の対象になっており、勝手に捕獲すると1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金が科される可能性もあるんですよ」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中