2020年 12月 1日 (火)

なくした財布がメルカリで売られてた!「私のとそっくり」出品者にコメント送ったら直後に削除

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   大阪に住むシンガー・ソングライターのさんひさんが、財布をなくしたのは5日(2020年1月)のことだった。大阪・心斎橋の飲食店に立ち寄って帰宅し、目が覚めたらなかった。とりあえず交番に届いてないかを確認し、紛失届も出した。

   その直後、何気なくフリマアプリのメルカリを開くと、なくしたのとそっくりの財布が2万2999円で出品されていた。「もらい物ですが、使わないので出品します」と書かれていた。「ベルトの裏が一部剥がれてます」と商品説明がついていて、そこもなくした財布と一致した。

   さんひさんは出品者にコメントを送った。「本当にもらい物ですか? 昨日心斎橋で落としたものに似ているのですが」と書き込むと、「それは残念。これはもらい物なので」と返信があったが、すぐページは削除された。逃げられてしまったのだ。メルカリに事情を話したが、「警察から連絡がない限り対応できない」とつれない。

慌てて書き込みせず、まずページ保存と警察届け出

tv_20200116132744.jpg

   ITジャーナリストの三上洋さんは、こうした時の対処手順として、(1)証拠を残すために出品ページの画面を保存する。(2)遺失物の届けと県警のサイバー犯罪課に届け出る。(3)フリマの運営会社に連絡。(4)出品者への直接連絡は逃げられる恐れがあるので、控えた方がいい。

   法的には、拾ったものを届けないと「遺失物等横領」になり、1年以下の懲役または10万円以下の罰金。メルカリなどで売られた場合でも、2年間は購入した第三者に無償で返還請求できる。購入者は返還しなければならず、その代金は出品者に請求できるとなっている。

   司会の羽鳥慎一「直接はダメ。ページが消されちゃった」

   高木美保(タレント)「メルカリをチェックするという発想がすごい」

   羽鳥「知らないで買っても、返さないといけないんですね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「高額だったらどうする? 盗んだ人から回収してくれ? どうやって?」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中