2020年 12月 1日 (火)

長島一茂「ピンク厚底シューズ解決策はこれしかない」全員裸足で走るか、ナイキが全選手に提供

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   マラソンや駅伝で次々と新記録を出しているナイキのピンクの厚底シューズ「ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」の使用禁止を、世界陸連が検討しているという。イギリスのメディアが報じた。

   昨年9月(2019年)の五輪選考会(MGC)では上位3選手、先の箱根駅伝でも8割の選手がこれを履いて区間新を出した。日本記録を更新した設楽悠太選手、大迫結選手もこのシューズだった。

   このシューズは、底の厚さと素材のカーボンプレートの力で、「跳ぶように走れる」のだという。一般ランナーでも、「全然違います。道具ドーピングだね。記録が出すぎ」というほどだ。

世界陸連は「不公平なサポートはダメ」

tv_20200117145243.jpg

   世界陸連には「シューズは不公平なサポートを提供するものであってはいけない」という規則があり、これに触れるとして禁止を検討を始めたようだ。司会のの羽鳥慎一「道具が進歩して禁止というのは、これまでもありましたが・・・」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「やむを得ないかなという感じですね。これ、板バネを仕込んでるんでしょう。不公平は、同じレースの選手だけじゃなくて、過去の記録にも不公平になります。マラソン以外でも、走り幅跳びとか高跳とか、過去の記録と比べられなくなってしまう」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「道具の進化で競技が変わることはあります。野球でも飛びすぎるボールや圧縮バットが問題になったが、結果として、選手のスキルが上がりましたからね。方法は2つしかない。全員が裸足で走るか、ナイキが全選手に提供するか」

   吉永みち子(作家)「他のメーカーはどうなっちゃうの。サポートは必要だし、スポンサーも幅広い方がいいと思うけど」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中