2020年 11月 28日 (土)

主役の長谷川博己が大正解の戦国絵巻。19.1%の大当たりは次回も続くか?
<大河ドラマ 麒麟がくる 第1回>(NHK総合)

   19.1%とは予想以上の数字だ。とにかく、気が狂ったようにあらゆる番組で前宣伝していたから、逆に反発を食うのではないかと心配したくらいである。主演の長谷川博己がいい。爽やかで実行力のある若者という感じ。タイトルバックの前の野盗を小人数でやっつける場面は、映画『七人の侍』のパクリみたいだったが、まあ許す。
   4K・8K対応のため、画面がキンキラキンの極彩色。収穫後の藁を垂らした広い畑が緑、黄、青、茶とカラフルに色分けされていて、なんか子供のお絵描きみたいである。百姓の衣装があんなに派手なはずがないと悪口を言う人もいるが、明るくていいじゃないか。筆者が唯一気に入らないのは音楽だ。ジョン・グラムはハリウッドの映画音楽作家らしいが、メリハリが弱く大人しすぎて物足りない。
   斎藤道三を演じる本木雅弘は、正味時代劇顔で重みがあるが、セリフが籠って聞き取りにくい。一方、長谷川博己はよく通る声、やっぱり舞台で鍛えただけのことはある。まだ、戦国時代のスターたちが揃い踏みしていないので何とも言えないが、予告で心配なのは、信長の染谷将太と家康の風間俊介。2人とも若い時からの登場なのでこういう配役になったのだろうが、「カブキモノ」と揶揄された信長と後年の怖い「オヤカタサマ」とを、どう演じ分けるか心配だ。余計なお世話(陰の声・笑)。第1回に登場した俳優で〇は、松永弾正久秀役の吉田鋼太郎。端正だが豪傑顔でピッタリである。(放送2020年1月19日20時~)

(黄蘭)

採点:1.5
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中