2020年 2月 22日 (土)

「感染規模はSARSの10倍!」武漢だけで最大35万人が感染する新型肺炎が健康な大人こそ危ない理由は

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   中国の新型肺炎の患者数は28日(2020年1月)午前の段階で4225人、死者は106人に達した。また米英の研究チームは、2月4日までに武漢で最大35万人が感染すると予測した。

   香港理工大が発表したデータでは、新型肺炎が一人の感染者から平均何人にうつるかを示す数値は、推定3.3人~5.5人。季節性のインフルエンザはだいたい2人だという。また、感染者の年齢の幅も広がっている。いずれも軽症だが、湖北省に行ったことがある生後9か月の乳児、2歳と、9歳の女児にも感染が確認されたのだ。

白血球が体の組織を攻撃してしまう

tv_20200128132018.jpg

   この新型肺炎で怖いのが、持病も合併症もない若い人にも死亡事例が出ている点だ。36歳男性が、突然の心停止と血圧低下で死亡した。元WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局長の尾身茂さんは、「当初はSARSに比べて病原性は低いと考えられていました。しかしこの事例から、感染性はもとより、病原性も高くなっていることが疑われます」と話す。

   また、この男性の死因として「サイトカインストーム」の可能性が指摘されている。サイトカインストームとは、ウイルスを退治する免疫が通常より強く働きすぎて、自分の血管や肺の組織、心臓の筋肉などを攻撃してしまう状態を指す。大人の方が重症化し、最悪の場合は死に至る。

   旅行医学が専門の久住英二医師がこう説明する。

   「ウイルスや病原体が体に入ってきた時には、白血球が攻撃しますが、『攻撃を始めるよ』とのろしを上げるのがサイトカインというたんぱく質です。しかし、その攻撃が自分の体に向かってしまい、必要以上に傷つけてしまうことがあるのです。例えば、はしかは子どもの時より、大人になってかかると重症化します。これは大人の方が免疫の働きが強く出るからです」、

   久住医師は新型肺炎によるサイトカインストームの危険性について、「今後増える可能性がある。健康な人も重症化するので、しっかりと予防することが大事です」と話す。

「毒王はすでに出現している」と中国報道

   現地を調査した香港大学の管軼教授は「感染規模はSARSの10倍以上となる」と見ている。

   猛威を振るう理由は10人以上に感染させる「スーパースプレッダー」の出現だ。体の免疫反応が弱く、ウイルスを体の中に増殖させ、それを効率的にばらまいてしまう患者のことで、中国名は「毒王」だ。武漢市では1人の新型肺炎患者が医療従事者14人に感染を広げたと言い、「毒王(スーパースプレッダー)はすでに出現している」と報道された。

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「ある海鮮市場から始まった感染が、わずか2か月で35万人まで広がるとすれば、感染力が弱いとはとても言えない。サイトカインストームの話からも、健康で病気にかかったことがない人も危険だということ。誰も安心できない」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中