2020年 12月 4日 (金)

「ひきこもり主婦」が全国で3万人以上!6つのチェックリスト中2つあてはまるとアブナイ

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   夫や子ども以外の人とは交流できないという「ひきこもり主婦」が全国で3万人以上いるといわれている。もう10年以上ひきこもっている神奈川県のAさん(50代)を尋ねた。夫と2人暮らし。家族以外の人と話すのは3年ぶりという。

   「1人では外出できないので買い物は週1回、主人に連れて行ってもらいます。美容院も夫と一緒で半年に1回。食事はシチューばかり作っています。いろいろな材料を同時進行できないのです。家では、1日中、寝室で寝転がるか、ネットサーフィン」と話す。

買い物や美容院も夫と一緒じゃないとダメ

tv_20200204113349.jpg

   ひきこもりになった理由は、友人との些細なトラブルだった。人間不信になり、自宅を出られなくなった。いまはウツ病も発症し、心療内科に通っている。

   埼玉県のBさん(30代)も夫と2人暮らし。「具合が悪いとすぐ『死にたい』という気持ちになります」。きっかけになったのは、「パートに出てレジ打ちをしていたとき、カスタマーハラスメントに遭い、その客への恐怖心から仕事に行けなくなったのです」

   2人とも夫が協力してくれたが、離婚や貧困に進むことも多いという。

   キャスターの立川志らく「一番は対人関係でしょうか。治すことは可能なのでしょうか」

   ひきこもりに詳しいジャーナリストの池上正樹さんは「人とつながるきっかけができるとか、自分の不安を払拭できるように、つながっていけば」と話す。

   池上さんによる「ひきこもり主婦度チェック」がある。次の6つのうち、いくつ当てはまるか。

   「結婚を機に仕事をあきらめざるを得なかった」

   「人から頼まれると断ることができない」

   「買い物はネットばかり」

   「自宅での食事で同じメニューが続くことが多い」

   「ポストに郵便物がたまっている」

   「美容院にいくのが億劫だ」

   2つ当てはまると、「ひきこもり主婦になる可能性あり」。2つ以上あった人は「自治体への相談や、共通の悩みを持つ人との集まりなどに参加すること」、周りの人は「プレッシャーをあたえないで、悩みを聞いてあげる」ことだという。

文   一ツ石| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中