2020年 8月 8日 (土)

香川県の「ネット・ゲーム1日1時間制限条例」高校生600人が反対署名提出!「家庭が決めること」

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   香川県が4月(2020年)に施行を目指す「ネット・ゲーム依存症対策条例」は、18歳未満の子どもがインターネットやゲームの依存症になるのを防ぐ目的で、「18歳未満は平日60分まで、休日90分まで」「中学生以下は午後9時まで、高校生は午後10時まで」などと使用の制限を明記している。

   この条例の賛否を巡って議論が広がり、高松市に住む男子高校生の渉さん(17)が1月31日、条例の素案に反対する約600人分の署名を県議会に提出した。自らもゲーム好きだと言う渉さんは、「ゲームをたくさんするけれども、進学校に行っている人もいます。その人の取り組み方次第だと思います」と話す。ゲーム時間などは「家庭で決めるもの」とし、ゲームの好きな子どもたちに時間規制をする前に、ゲームやインターネットの企業への規制や働きかけを強くする方が重要だと主張している。

16連射の高橋名人も「頭ごなしの規制ではなく目標にすればいい」

tv_20200205123539.jpg

   およそ30年前、「16連射」で子どもに絶大な人気を誇ったゲームプレゼンターの「高橋名人」こと、高橋利幸さん(60)も声を上げた。高橋さんは子どもの遊び場が減る中で、ゲームまで規制するのは反対だという。「ゲームはいろんな遊びの中の1つと考えてもらえばいい」といい、頭ごなしに規制するのではなく、さまざまな選択肢を示した上で判断していくことが大切だと訴える。

   実は、高橋さんも全盛期、「ゲームは1日1時間」を子どもたちに推奨してきた。「当時、『1日1時間』と言うと、子どもたちの反発がすごかった。でも、『1時間集中して遊べばうまくなるよ』と言えば納得してくれました。条例ではなく、目標値として言えばいいと思いますね」

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中