2020年 11月 29日 (日)

やっとプロ野球キャンプが開始になったのに、メディアの情報は偏っている。過去の人・松坂大輔ばかり撮るな!
<プロ野球キャンプ情報>(各局)

   肉弾戦のラグビーのどこがいいのかさっぱりわからない筆者のような臍曲がりからすると、プロ野球のキャンプ情報は「待ってました!」。ところが、これが腹立ちの元でもある。何故なら、情報が酷く偏っているからである。例えば、2月4日の『news zero』(日本テレビ)では、レポーターが先年監督をクビになった高橋由伸だった。彼は西武ライオンズのキャンプ場で投げ込みをやっている松坂大輔と会い、球がいいというようなゴマスリしきりだ。
   大体、他局も何故か松坂大輔に密着する。大昔は確かに剛腕スターではあったが、昨年なんか、筆者が見ていたら、メッタ打たれで1イニングももたずにノックアウトされたのである。古巣に帰ったからといって、今更松坂大輔でもあるまい。新人の163キロ・スピードピッチャー、佐々木朗希(ロッテ・マリーンズ)など、フレッシュな新人の情報はいい。しかし、新規獲得の外人情報などは全然取材してくれない。特に関西系の球団には冷たい。阪神タイガースの外人が取材された映像はほとんどない。不公平である。
   相変わらず、巨人の菅野投手のピッチングフォームが変化しただの、どうでもいいことばかり。岡本和真選手に密着取材だとか、坂本勇人の今年は、とか。兎に角偏りすぎである。シーズンが始まれば巨人一辺倒になるのは決まっているのだから、せめて、開幕前のキャンプ情報は公平にやれ。だから、サッカー人気に負けるのだ!(放送2020年2月1日以降)

(黄蘭)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中