2020年 11月 29日 (日)

「寝つけない」「胃がもたれる」「怒りっぽい」...日本中がかかっている「コロナ疲れ」に効く方法はコレだ

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「『コロナ疲れ』という言葉が出てきました」とキャスターの伊藤利尋が伝えた。新型コロナウイルス感染防止対策や自粛に対する人々の気持ちの部分だ。

   街で聞くと、「保育園がお休みになって、子どもの遊ぶところが減っておりますので、非常にストレスを感じています」(女性)、「地下鉄に乗ったりするときは、ちょっと1座席空けて乗ったりしています」(30代女性)。小学生の男の子も「エレベーターのボタンも指の甲で押すとか」という。お母さんは「お昼ご飯は、今まで給食を食べていたのに作ってあげなきゃいけないのが、ちょっと億劫」と話す。

「先が見えない生活に不安は強くなります」

tv_20200310132743.jpg

   新型コロナ対策のため生活面で様々な制限がかかっているため、ストレスを感じている人が多いと東京大学精神保健学分野の関谷裕希・客員研究員は指摘する。

   「先が見えないというか、見通しが立たないので、不安は強くなりますし、普段通りの生活ができないというので、かなりストレスを感じている人は増えていると思います。曖昧な情報とか根拠のない情報をひたすら見続けて、より自分の不安を膨らませてしまう。そうなると、よりストレスの影響を受けやすくなると思います」

   キャスターの山﨑夕貴が具体的に説明する。「寝付きにくい、途中で目が覚めるという睡眠への影響、睡眠不足により胃腸がうまく働かない胃もたれ、さらに怒りっぽくなると言います」

   どんな対策をすればいいか。「関谷さんは、セルフコントロールが必要だと。今だから出来ることをやるという気持ちを持って、普段先延ばしにしていたことや、家族の時間が増えることにより、みんなで楽しめることを探してみてはどうか、と言っておられます」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中