2020年 4月 4日 (土)

ヨーロッパから第2波感染爆発「東京封鎖」!危機感ない小池知事―知事選で頭いっぱい?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都内の新型コロナウイルスの累計感染者数は、北海道を抜いて全国最多の171人となった。しかし、小池百合子都知事はおととい22日(2020年3月)に「この3週間はオーバーシュート(爆発的感染)が起きるか否かの分かれ道」と警報を発したのみで、いまひとつ危機感が伝わってこない。

   厚生労働省の推計では、3月19日から25日までの東京の予想感染者数は51人だったが、実際は、きのう24日の段階で60人に達している。想定以上のスピードで感染者が増えているのだ。

   不特定多数の人が多く出入りし、感染ルートがわからない感染者が半数を占めているのが東京の特徴だ。きのう24日に判明した17人についても、9人の感染経路がわかっていない。政府の専門家会議の尾身茂・副座長は「モーニングショー」の取材に、「武漢からの帰国者を第1波とするなら、ヨーロッパなどから第2波が来ている。ロックダウン(首都封鎖)が起きないように今が大事な時期」と警鐘を鳴らした。

きのう24日にも都内でプロレスイベント「自粛要請なかったから」

tv_20200325131731.jpg

   都知事だけでなく、記者会見した都の担当者も、「患者発生数は多いが、まだ(感染不明者が)急激に増えている状況ではないという認識です」「検査が進んでいるので、感染者が多くなっています」とどうもピント外れだ。

   「ビジネスインサイダージャパン」の浜田敬子統括編集長によると、きのう24日、東京ではプロレスのイベントが開かれていたという。取材したところ、「自治体から自粛の要請が来ていないから、気を付けて開きました」と答えたそうだ。

   浜田「埼玉のK-1のイベントでは、県知事が自粛要請のため現地を訪れていたのに比べ、東京都は、トップが他の大都市と比べてメッセージが遅いという印象です。イベントに対しても、細かく目を光らせて自粛の要請をしていない。その間にどんどん中規模、大規模のイベントが開かれているという実態があります」

気にしてるのは「自民党の支持を得られるかどうか」

   司会の羽鳥慎一「東京のトップの動きが遅いのはどういうことでしょうか」

   政治ジャーナリストの田崎史郎氏「小池さんにとっては、東京都の予算をどう成立させるかというのがあります。自民党と話し合いがついて、今週金曜日(27日)に成立する見通しとなりましたが、それは7月の都知事選で自民党の支持を得られるかと裏表の関係です。僕は、小池さんはオリンピックと自分の再選問題に気を取られていたのではないかと思っています」

   多摩大学大学院の田坂広志・名誉教授「感染はしているけど、自覚がないというサイレントキャリアがどれぐらいいるかがまったくわからないというのが問題アデス。リスクマネジメントとは最悪の場面を想定して動くこと。政府をはじめとして、もっと危機感を持つべきです」

文   キャンディ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中