2020年 8月 9日 (日)

ステーキ肉800グラムただで配布!売れない食べに来てくれない・・・倉庫に在庫の山

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   全国農業協同組合中央会(JA全中)は新型コロナウイルスの感染拡大で、需要が落ち込んでいる黒毛和牛をただで配布するという。「がんばろう! 日本の畜産・酪農応援キャンペーン」で、1万円相当のステーキ肉800グラムを5000人に配るという。WEB、ハガキ、FAXで4月10日(2020年)まで受け付け。

   「なんで?」と全中に聞いてみたところ、東京都内にある倉庫を見せてくれた。マイナス20度に保たれた冷凍倉庫だが、ダンボールに入った和牛肉がうず高くたかく積まれていた。担当者は、「これらは本来、在庫になってはいけないものなんです」という。それだけ売れてないということだ。

都内のレストランはレタスお配りします

tv_20200401130233.jpg

   お次はレタスだ。都内のレストラン「炭肉酒 仕事馬」は系列店も含めて「生産者応援」というボードを掲げた。「新型コロナウイルスの感染拡大で、市場で買い手がつかなくなった食材を、『生産者にご迷惑がかからない値段で』購入して、御来店のお客様にお配りしております。どうぞお持ち帰りください」という。

   結局、系列店の分も含めて2800玉を配った。ビニール袋でレタスをもらった客は、「嬉しいですね。またこようかな」という。

   山崎夕貴キャスター「生産者も、もらった人も、お店も嬉しいお話しでした」

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中