2020年 11月 24日 (火)

新型ウイルス「巣ごもり生活」で出費増・収入減つらい!みんな家にいるので食費、光熱費がかさむ

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   「スッキリ」が新型コロナウイルスに関する悩み、疑問、意見を視聴者から募集したところ、多かったのは「巣ごもり生活による支出」だった。家で過ごす時間が増えたことで、食費や光熱費、子供の本やおもちゃなど、出費が増えているというのだ。児童手当が子供1人につき1万円上乗せされてもまったく足りないという。

   また、「共働きの主婦は収入が減って、ローン返済で困っているのに、世帯主ではないのでもらえないのか」など補助金に関する意見も多かった。

   経営コンサルタントの坂口孝則は「食費や光熱費が増えた分、娯楽費や会合費は減っているので、何とか乗り切ってほしい」という。日本テレビ報道局社会部デスクの下川美奈は「政府は収入が減った世帯に30万円とか、子供に1万円とかの補助を出していますが、1回で終わりにするのではなく、半年後、1年後も補償するべきです」と話した。

企業の雇用助成金は申請書類多く支給はまだ先の6月

tv_20200409125344.jpg

   司会の加藤浩次「企業が頑張って収入を減らさないようにすると、共働きしている相方の収入が減っても、もらえないんですね」と言うと、坂口が「大企業では収入は減らない可能性が高い。ただ、親族経営などの場合、わざと収入を半減させて補助をもらうということが可能になります。平等に1人頭いくらという支給方法がよかったのではないでしょうか」と指摘した。

   中小企業に200万円、個人事業主に100万円の現金給付策についても、坂口は「やらないよりはやるべきだが、規模が大きいとこれでは足りません。雇用助成金申請には10種類ほどの書類提出が求められ、しかも認可は6月になる可能性もあります。なによりスピード感が重要だと思っています」と指摘した。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  2. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  3. 「NHK受信料不払いに割増金の罰則」に怒り殺到!「NHKを見ない権利を認めろ」「契約した人だけが見るスクランブル放送に」「受信料の是非を国民投票に」「海外出張中も受信料取られた」
  4. 「ブリが28万匹あまっています。送料無料。4割引で買って」SNSの呼びかけが大人気。番組が高知県の漁協を訪れると...
  5. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中