2020年 11月 29日 (日)

全国民に10万円!ケチと言われて方向転換した安倍首相―総額12兆円の財政負担増で国は大丈夫か?

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   安倍内閣は全国民に一律10万円を給付するという。「これまでは減収世帯に限っての条件付きで30万円給付する方針でした。何があったのでしょうか」と司会の羽鳥慎一が取り上げた。

   政治ジャーナリストの田崎史郎氏は「公明党の山口那津男代表が連立離脱をちらつかせながら強く要請した」という。「『公明党に言われてやるわけにはいかないから、緊急事態宣言の全国拡大を理由にした』と自民党幹部やベテラン議員が話したともいわれる」というけさ17日(2020年4月)の朝日新聞朝刊の記事も紹介した。

   10万円給付に所得制限はなく、5月下旬から6月中には「手元にとどくスピード感で」配るそうだ。

ゴールデンウイーク前に配れないか

tv_20200417122316.jpg

   吉永みち子(エッセイスト)「条件付きで30万円ではもらえる人は20%ぐらいでした。一律10万円のほうは予算が12兆円もかかるが、国民にお金が回るのは喜ばしいですよ」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「遅いよ。これで零細事業者への200万円、100万円給付がないがしろにされないかも心配だね」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「なんでこう決まったかは、世論ですよ。前の方針が評判悪くて、これではもたないと考えた議員が、政府に圧力をかけた結果です。現金書留とか政府小切手とか知恵を出して、ゴールデンウイーク前に配れないものですかねえ」

   長嶋「マスクといっしょに配ったらよかった」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中