2020年 11月 26日 (木)

「麒麟がくる」本木雅弘の壮絶な最期に「マムシの道三ロス」広がる!「鳥肌ものカッコよさ!」「スター・ウォーズのダースベーダーみたい!」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は10日(2020年5月)放送の「長良川の対決」で前半戦最大のクライマックスを迎えた。斎藤道三(本木雅弘)が息子・斎藤高政(伊藤英明)に討たれ、壮絶な最期を遂げたのだ。

   ネット上には、「ああ、道三が逝った。哀しい!」「父親として高政を抱き締めた道三」「スター・ウォーズのダースベーダーの最期みたい」という声があふれた。

  • 息子・高政に一騎打ちを挑む斎藤道三(NHKの番組ホームページより)
    息子・高政に一騎打ちを挑む斎藤道三(NHKの番組ホームページより)
  • 息子・高政に一騎打ちを挑む斎藤道三(NHKの番組ホームページより)

槍の見事な殺陣にモックンの相当の鍛錬が見えた

   物語は、長良川を挟んだ父子両軍の戦い。一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政の圧倒的な大軍に押されて道三軍の敗色が濃厚になるなか、道三は単騎突進、高政の前に躍り出て、一騎打ちを挑む。しかし、高政の兵の槍に刺される。道三は高政に体を預けるように倒れ込む。息子の腕の中で「我が子...高政...愚か者...勝ったのは道三じゃ」と自分の数珠を引きちぎり、地面に倒れるのだった。

   ネット上では「道三ロス」の悲しみと本木雅弘の熱演に対する称賛の声が殺到した。

   「道三の魂が乗り移り圧巻でした。道三が馬で駆ける空撮シーン、鳥肌もの。カッコ良かった~。そこからの父と息子の対峙、道三の迫力の演技に引き込まれた。道三が放ったセリフ。美濃をかすめ取るは...気持ち良かった。光秀が道三の亡骸に、跪いて敬意を表すシーンは感動した。幾多の戦に勝利してきた道三が、嫡男の高政と信頼関係を築くことができないまま亡くなったことに、切なくなる。完全に本木道三ロスです。合掌」

   「もう圧倒的な道三でした。槍の見事な殺陣にモックンの相当の鍛錬が見えた。高政の天を仰ぐ涙と光秀の明智家の苦闘...大いなる歴史に翻弄されながらも、人として生き残る道とは、家を守るとは何か。後を継ぐ者たちの引き際を表現している。コロナや事件に翻弄されながらも、かつてない大河になっている。是非とも越年してもいいから名作を期待します」

   「わかり合えず、すれ違い続けたままの、父と子の別れが悲しくて涙が止まらなかった。刺された道三が高政のところへ歩いて行く、二人が向き合った時間、道三が高政になだれかかり倒れるまでの時間、そのひと時だけでも、高政が道三を実の父親と認めた、と思いたい。高政は涙を浮かべていたし、道三が最期に見たのは高政だったからね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中