2020年 11月 25日 (水)

緊急事態脱却しても経済回復ムリ!感染第2波、第3波の不安でお金使えない

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   これまで感染症の専門家が中心だった政府の「基本的対処方針等諮問委員会」に新しく経済の専門家4人が加わった。その1人、東京財団政策研究所研究主幹の小林慶一郎氏は「攻めの戦略」を提言している。小林氏は、緊急事態宣言を解除しても、第2波、第3波への不安があると、国民は安心してお金を使わないので経済は回復しないという。

   安心できる状況を作るために、厚生労働省と経済産業省だけでは限界があるので、文部化科学省は大学、経産省はメーカーと連携して感染拡大防止を徹底すべきという。

もう「新型コロナ」前には戻れない

tv_20200514134643.jpg

   司会の加藤浩次「安心のためには、やはりワクチンが必要ではないかと思ってしまいますけどね」

   感染症学会指導医の水野泰孝医師「ワクチン開発は最初から課題になっていますが、そのためには相当のお金と企業の協賛が必要になります」

   モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「(経済の)V字回復を目指すという考え方ではなく、あたらしい価値を作り出して回していくという考え方もあると思うんです。以前と同じに、みんなが買い物をして、映画を見てというのではなく、働き方、消費の仕方、楽しみ方などを新しい形にして回復を目指すほうが、V字回復よりいいと思います」

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中