2020年 11月 28日 (土)

いよいよ全面解除だが、ウキウキするのは早い!どこに行くのも自由だと誤解する人が多すぎる

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   緊急事態宣言の全面解除を政府は今夜にも発表する。「東京都の休業要請の解除はどうなるのか」と司会の羽鳥慎一が問いかけた。

   東京都の新規感染者はきのう24日(2020年5月)14人。ここ1週間の解除基準は下回っているが、金曜22日の3人、土曜23日の2人からは跳ね上がった。

都道府県をまたぐ移動の緩和は6月19日から

tv_20200525105025.jpg

   白鴎大学の岡田晴恵教授は「気にするほどの増え方ではない。気を緩めずにクラスター(集団感染)が出なければいけるのではないか」と話す。東京都はあす26日午前0時から独自のロードマップに沿って休業要請を段階的に解除していく。まずは学校や図書館など「ステップ1」から始め、原則2週間ごとに映画館や商業施設(ステップ2)、遊園地やパチンコ店(ステップ3)へと進める予定だ。  政府は解除にあわせて都道府県をまたぐ移動の基準を示す考えで、読売新聞(5月25日付)によると「今月いっぱいは47都道府県で移動自粛」「来月1日から首都圏と北海道以外は原則緩和」「来月19日からは全国で容認」という。

   羽鳥「海外渡航はまだですか」

   岡田教授「海外では感染者がこの1週間で65万人ふえ、すごいパンデミック(感染爆発)の状態です。(海外旅行は)まだ当分先ですよ。秋冬流行の前に検査を増やして、陽性者を隔離する必要があります」

   石原良純(タレント)「今週末はみんなウキウキしていたが、解除後に前と同じ生活が戻ると思ってはいけない。いま一度肝に銘じないと」

   玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「こういう状態が続けばいいが、これから先はわからない。前と同じ状態に戻れないと、経済ダメージは続く」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中