2020年 11月 29日 (日)

コロナ不況が始まった!トヨタ苦境、ユニ・チャーム好調、朝日新聞は深刻ピンチ

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   日本のコロナ不況は、これまで経験したことのない深刻なものになるといわれている。グローバリゼーションの負の側面が明らかになり、中国や東南アジアなどにモノづくりの拠点を置くことのデメリットも、多くの国民が知るところとなった。安倍首相が言い出した「新しい生活様式」は、皮肉なことに、国民が、これまでの大量浪費社会を見直すきっかけになり、消費活動を縮小させることなるはずだ。

   週刊現代は、これまでのビジネスモデルが崩壊しても、1年後、3年後に生き残れる会社を、経営の専門家6人に採点してもらっている。「百年コンサルティング」の鈴木貴博代表は、クルマの売り上げは今後2年間は落ちると見ていて、「豊田章男社長は今後1年の売り上げを2割減と予想していますが、この数字にこだわると、トヨタも危ない」といっている。

   満点は18だが、トヨタは12、本田技研工業が11、マツダは5、日産に至っては3である。自動車部品で最高点はデンソーの15。家電は、アイリスオーヤマとダイキン工業が16。パナソニックが10で、東芝が5である。電子部品は揃って高得点で、キーエンスと村田製作所が17、日本電産が16。商社は軒並み低く、陸運ではヤマトHDが満点の18。

   空運、鉄道、タクシー、証券は軒並み低い。ビール・飲料ではサントリーHDが14、化粧品・日用品ではユニ・チャームが17、花王が16、小林製薬が15だが、資生堂は9。百貨店、スーパー・コンビニ、ドラッグストア、住友不動産などのデベロッパー、ゼネコン、旅行代理店・ホテルも低評価。通信では、NTTドコモが14、KDDIが13、楽天は8だが、ソフトバンクは5である。

   任天堂が16、オリエンタルランドが13、ファーストリテイリングが14、ニトリHDが16、良品計画が15、セコムが16。テレビ・新聞は、日経新聞社が9だが、朝日新聞と読売新聞が4、TBS、テレビ朝日、日本テレビは5である。

   日産は論外だが、トヨタも先行きは暗い。一番暗いのはメディアだ。コロナ不況は、不要不急のものが何であるかを国民が知り、切り捨てるきっかけになるはずだ。

モテ男・竹内涼真 美女食い荒らし!吉谷彩子ポイ捨てして、三吉彩花をマンション連れ込み

   フライデーから。竹内涼真(27)という俳優がいる。2017年のドラマ「陸王」(TBS系)で大ブレイクをして、ドラマにCMに引っ張りだこだという。185センチの長身でイケメンでは、女がほっとかない。5月中旬に、元「seventeen」のモデルで、女優の三吉彩花(23)とデートしている姿を捉えたという。2人は高級外車に乗り込み、深夜0時過ぎに竹内のマンションに到着して、一緒にマンションへ入っていったそうだ。

   これだけなら、モテ男の熱い一夜とでもいえばいいのだろうが、竹内は女優の吉谷彩子(28)と結婚寸前だったというのだ。付き合い始めて約3年にもなり、互いの両親にも挨拶を済ませていたというのに、吉谷と暮らしていたマンションに三吉を連れ込むとは。

   竹内の知人がいうには、吉谷とは今年4月に破局していたというのである。「しかも、竹内から一方的に別れを告げて、吉谷を同棲した家から追い出したんです」。そのため、吉谷はホテルや友人の家を転々としながら、家探しをしているそうだ。竹内は番組共演者との色恋沙汰を繰り返していて、吉谷ともケンカが絶えなかったという。

   フライデーによれば、生活費を吉谷が100万円近く立て替えていたのに、有耶無耶にしようとしたので、お互いのマネージャー同士で話し合うということもあったそうだ。この手の男とは、早く別れて良かったのではないか。そうでないと、杏と東出昌大の二の舞になったのでは。まあ、ものは考えようだ。

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)、『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)、『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)、 『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)、『野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想』(現代書館)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中