2020年 12月 1日 (火)

<エール>(第46話・6月1日月曜放送)
幼なじみの村野鉄男が転がり込んできた。作詞家になるというのだが、レコード会社にまったく相手されない

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   幼馴染みの村野鉄男(中村蒼)が詞を書き、古山裕一(窪田正孝)が曲を書いたコロンブスレコードのデビュー曲「福島行進曲」はまったく売れなかった。ところが、福島で記者をしている鉄男は、無謀にも、作詞家になるため新聞社を辞めて上京してきた。「副業禁止だの、(社長の娘との)縁談断んなら左遷だの、面倒になってな。所帯持つあでもなぐなったし、この際、自分のやりでえごとやろうど思っでな」

   裕一「よぐ決断したね。一緒にがんばろ」

   鉄男「ああ、それで、さっそくなんだげど、コロンブスレコードを紹介してもらうごどでぎねえか。詞を見てもらうだげでいいんだ」

   鉄男は知り合いの下宿に住むことになり、裕一はコロンブスレコードのディレクター廿日市誉(古田新太)に鉄男を紹介しようと会社のサロンに連れて行った。ところが廿日市は見下した態度だ。「誰を紹介したいって? 『福島行進曲』、ぜんぜん売れなかったじゃない。だいたいあの詞、さっぱりわかんないよ。トランプって何よ。ああ、君がトランプ君か」

   鉄男「あんた、福島ばかにしてんのが!」。鉄男はサロンから出て行ってしまう。後を追った裕一がなだめていると、作曲家の木枯正人(野田洋次郎)が通りかかった。裕一に話があるという。

音は「椿姫」の稽古が始まった...双浦環に励まされて大張り切りだ

tv_20200527164035.jpg

   音(二階堂ふみ)は音楽学校の記念公演「椿姫」の主役を同じクラスの夏目千鶴子(小南満佑子)と争い、必死で主役をつかんだ音(二階堂ふみ)はやる気いっぱい、いよいよ稽古もはじまった。オペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)が監修に入ることとなり、音は感激する。「環先生。よろしくお願いします」

   双浦環「あなたは粗削りだけど、人の心を揺さぶる何かがある。でも、お客様に未熟なものを見せるわけにはいきません。あなたに足りない技術を死ぬ気で磨きなさい」

   激励された音は、自宅でも発声練習に励む。

(NHK総合あさ8時放送)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中