2020年 8月 5日 (水)

「渡辺麻友『AKB入らなければ東大』優秀な生徒だった」新聞コラムに共感と批判!「それほど賢い子だから芸能界を去った」「こういう記事が彼女を追い詰めた」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   「『AKB入らなければ東大』優秀な生徒だったまゆゆ」というタイトルの日刊スポーツの記事がネット上で話題になっている。引退を表明した元AKB48で女優の渡辺麻友さん(26)について同紙の芸能番記者がコラム欄に掲載した。

   「いかにも賢いまゆゆらしい。東大はともかく、新しい人生で頑張ってほしい」という共感と、「東大だなんて大げさな。こういう記事がまゆゆを追い詰めたことがまだわからないのか」という反発だ。

  • 渡辺麻友さん(2017年撮影)
    渡辺麻友さん(2017年撮影)
  • 渡辺麻友さん(2017年撮影)

「真面目で優秀なのだから別の世界で活躍されるでしょう」

   日刊スポーツ「芸能番記者コラム」ではこう書いている。

   「『なんだか、切ないですね』。渡辺麻友さんが芸能界引退を発表した今月1日、別件で電話をしたアイドルグループ関係者の第一声だった。『いかに頑張ってきた人なのかは自然と聞こえてきました。切ないです』と繰り返した」

   記者が関係者に聞いたところによると、小6の時にAKB48のファンになり、オーディションを受けるも不合格。その後は中学生として、毎日数時間を勉強に費やす日々を送った。親しいメンバーからは「麻友はAKB48に入ってなかったら、東大に入っていましたから」と言われるくらい優秀な生徒だったという。

   それでも中1の冬、オーディションに再挑戦。3期生としてAKB48に加入した。その後は生活が一変。慣れない環境に悪戦苦闘しながらも、ストイックに努力を積

み重ね、人気を獲得していった。その後の絶対的「王道アイドル」としての活躍はよく知られていることだろう、と書いている。

   そして記事は、

   「アイドルの『正統派』『清純派』の象徴として、ファンからの期待を一身に背負っていた。1つのミスも許されなかった。計り知れないプレッシャーと戦い続けていた『渡辺麻友』の名前は確かに人々の心に、芸能界に深く刻まれた」

   と結んでいる。

   ネットでは、こんな意見があふれている。

   「中学入学前に『東大』を確約するのは言い過ぎだとは思いますが、それくらい賢かったという事だったのでしょうね。アイドルとして、芸能人としてというより渡辺麻友さんはお店を開いたり、どこかの環境で活躍したりと『あの人は今』みたいな番組で出てきたときには『はい!今はとても幸せです』といった感じになっている気がします」

   「東大はともかく、勉強は出来たのだろうな。せっかく時間あるのだし、体調が良くなってきたら資格を取ったり、大学に入ったりするといい。海外に行って視野を広げるのもいいと思う」

   「まだ、若いし今からでも大学に行って勉強されるでしょう。真面目で優秀なのですから、これから別の世界で活躍されると思います」

   「東大云々はともかく、アイドルとして一度は天下をとったわけだし、一般人に比べて、容姿はいうまでもなく、中身のポテンシャルも飛び抜けているのは間違いない。いずれどこかの世界で頭角をあらわすでしょう。今はあせらず、ゆっくり心身を休養させてほしいな」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中