2020年 7月 10日 (金)

新型コロナ直撃でNHK受信契約急減!大河、朝ドラ休止、紅白縮小...いよいよ減りそう

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   NHKは今年5月末(2020年)の放送受信契約総数が、昨年度末の4212万件から8万5000件減少したと発表した。前田晃伸(てるのぶ)会長は「(新型コロナウイルスの感染拡大で)多くの事業所で事業運営に影響が出ていて、相談窓口には休業や廃業に伴う解約や支払い延伸の申し出が多数寄せられている」と説明した。

  • 「麒麟がくる」も盛り上がっていたのに(NHKの番組ホームページより)
    「麒麟がくる」も盛り上がっていたのに(NHKの番組ホームページより)
  • 「麒麟がくる」も盛り上がっていたのに(NHKの番組ホームページより)

これまでのような紅白はできない

   引っ越しシーズンの3、4月は受信料契約の変更などが集中するが、今年は新型コロナウイルス対策で営業回りなどが自粛となり、手続きが進んでいないのだ。また、コロナ不況で店舗や企業との契約も解約が相次いでいる。

   NHK放送は目下、大河ドラマ「麒麟がくる」が7日で休止し、連続テレビ小説「エール」も来週27日放送で休止に入る。契約拡大の営業をかけようにも、2大ドラマが放送されていないのでは、視聴者も乗ってこない。

   さらに前田会長は、大みそかの紅白歌合戦についても、「これまでのようにはできない」と縮小や企画変更を示唆している。受信契約はますます減りそうだ。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中