2020年 7月 9日 (木)

スマホ「接触確認アプリ」リリース――コロナ感染者との濃厚接触履歴が送られてくる!

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   政府はきょう19日(2020念6月)から「接触確認アプリ」をリリースした。スマホの無線通信Bluetoothを使って、新型コロナウイルスの感染情報が届くシステムだ。アプリをダウンロードすると、1メートル以内に15分以上接近した人が記録され、その中から感染者が出ると知らせてくれるという。情報を受け取った人は、その時の症状などを帰国者・接触者センターへ連絡し、PCR検査などのアドバイスを受けることができる。

   氏名、電話番号、位置情報などを登録する必要はないので、個人情報は把握されない。アプリは1日1回更新される、14日たったものは消える。

   キャスターの水卜麻美「日付と接触件数はわかりますが、どこで、どんな人と接触したかはわからないんです」

検査陽性の人が正直に入力するだろうか

tv_20200619121246.jpg

   司会の加藤浩次「接触したとわかれば、行動を控えようとか、対応もできるということなんですが、どうですか」

   佐藤昭裕医師(KARADA内科クリニック五反田院長)「どれくらいの数の人が使わないといけないかについては、6割くらいでないと意味がないという意見もあります。なるべく多くの人が使うのが望ましい。症状があれば、医療機関へ相談できるし、症状がなくても、行動を抑えるとかのメリットはあります」

   加藤「6割というと、みんながいれるくらいの努力した方がいいかも」

   近藤春菜キャスター「協力したい。個人情報が心配の向きもあるけど、メリットはあるんですよね」

   加藤「やればやるほど精度は上がるというので......」

   最大の弱点は、陽性と判定された人が「私、コロナにかかりました」と入力しなければ感染発生がわからない点だ。みんな、正直に入れる?

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中