2020年 11月 26日 (木)

「エール」番外編の双浦環「パリの悲恋」に絶賛の嵐 「凛として美しい柴咲コウ」「珠玉の贅沢な時間だった」「本編の主人公夫婦がかすむ圧巻の演技」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   NHK連続テレビ小説「エール」の第59・60話が18・19日(2020年6月)に放送され、柴咲コウ演じるオペラ歌手、双浦環の過去のパリでの悲恋物語にネットが沸いた。

   環が世界的なオペラ歌手になることを目指してパリに留学した若き日の夢と恋を前後2編で描いた。環はホームパーティーで日本人画家、今村嗣人(金子ノブアキ)と出会う。新進気鋭の画家として注目を集めていた嗣人。2人は恋に落ち、環は歌手を、嗣人は画家を夢見る日々を送った。

  • 環と嗣人のパリの恋(NHK「エール」の番組ホームページより)
    環と嗣人のパリの恋(NHK「エール」の番組ホームページより)
  • 環と嗣人のパリの恋(NHK「エール」の番組ホームページより)

「俺は、君という光の影でいるのは耐えられない」

   環は、世界的舞台に立てる最大のチャンス、オペラ「蝶々夫人」のオーディションを受けて落ちた。しかし、環の美貌と歌声は評判となり、注目を集めるようになる。一方の嗣人は個展を開くが、新聞から「ただただ凡庸。すべてがものまね」と酷評されて自信を失う。

   やがて環はオペラハウスで上演される「蝶々夫人」のヒロインの座をつかみ取るが、嗣人は彼女を祝福できなかった。嗣人は嫉妬にもだえ、「俺は、君という光の影でいるのは耐えられない。歌をあきらめてくれ。君を愛している」と懇願した。しかし、環は嗣人と別れて「光」でいる道を選んだのだった。

   ネット上では「映画のように濃厚なドラマだった。30分ではもったいない」「こっちを本編にしてほしかったくらいステキ!」「スピンオフで1本2時間ドラマ作ってほしい」という声であふれた。

   「もし二人の物語が映画なら。自暴自棄になった嗣人さんは、お酒に溺れてアル中になり、しまいには薬物にまで手を出してしまい、自ら命を絶ってしまっていた事でしょうね。はかなく堕ちていく男性はとても愛おしく、そして美しい...」

   「お互いに光でいたいタイプ。どちらかが影になれるタイプでないと無理。別れる芸能人夫婦によくあるパターン。ドラマの2人は、お嬢ちゃまとお坊ちゃま育ちで、いつも主役で陽のあたる道を歩いてきた。でも、ちょっと環さんは無神経な女性のようにも思いましたね。彼が『ただただ凡庸、ものまねのような作品』と散々酷評受けた紙面を見ていたのに、直ぐその後、自分の朗報を嬉しそうに話すのはちょっとね。彼を慰めてからにしてほしかった。自分が天才なせいか上辺の言葉が多いでしたね。嗣人の『もう、こんな女性にはめぐり逢えません』は素敵な言葉でした。逃した獲物は大きいです。嗣人のカードゲーム仲間に藤田嗣治のような風貌の方がいて、『環さんのような恋人がほしい!』って、なかなか楽しい演出でした。2人とももっともっと素晴らしい恋の遍歴をしてね。人生これからです!」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中