2020年 8月 12日 (水)

「麒麟がくる」代わりの「秀吉」がぶっ飛び過ぎ!村上弘明光秀は超マザコン、母の復讐で本能寺の変!陰で暗躍する家康と千利休、お市・頼近美津子の美貌が懐かしい

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロナ禍で中断しているNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に代わる「戦国大河ドラマ名場面スペシャル」として12日(2020年7月)に「秀吉」が放送される。「秀吉」は1996年に放送された。堺屋太一氏の3つの小説『秀吉〜夢を超えた男〜』『豊臣秀長』『鬼と人と 信長と光秀』を物語の基とし、脚本家の竹山洋氏がドラマ化した。

  • 秀吉(竹中直人)と光秀(村上弘明)の運命の出会い(NHKの番組ホームページより)
    秀吉(竹中直人)と光秀(村上弘明)の運命の出会い(NHKの番組ホームページより)
  • 秀吉(竹中直人)と光秀(村上弘明)の運命の出会い(NHKの番組ホームページより)

新興企業「織田」のやり手社員秀吉と途中入社の光秀

   主演の秀吉を竹中直人、おねを沢口靖子、信長を渡哲也(大河ドラマ史上最高齢の信長)、光秀を村上弘明が演じた。帰蝶(濃姫)はほとんど出てこず、帰蝶の侍女だった吉乃(斉藤慶子)が信忠と信雄、徳姫を生み、事実上の正室という設定だ。

   また、お市を頼近美津子が演じた。NHKきっての美貌アナウンサーだったが、フジテレビに引き抜かれ、その後、フジサンケイグループ創業家に嫁いだ。「NHKがよく大河に出したものだ」と話題になった。秀吉が事あるごとに言う決め台詞「心配御無用!」は、その年の流行語大賞になった。

   浪人時代の明智光秀も初回から登場する。秀吉がドジョウすくいをしているのを見つけ、鉄砲の試射を見せる代わりにドジョウを分けてもらうという運命的出会いだ。織田家に仕官した後も互いに認め合う良きライバルとして描かれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中