2020年 10月 26日 (月)

口中のウィルスが減るだけ!驚きの「ポビドンうがい薬」推奨した吉村知事が深夜に「コロナ予防効果は認められない」と真逆?のツイッター

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   リーダーとしての評価も支持率も安倍首相より高いが、大阪の吉村洋文知事はそれをちょっと勘違いしてしまったのかもしれない。司会の国山ハセンは「驚きました。吉村知事がポピドンヨードを含むうがい薬でうがいをしたら、新型コロナウイルスの陽性率が下がったというのです」と取り上げた。

   吉村知事はきのう4日(2020年8月)、会見でいきなり「ウソみたいな本当の話、ウソみたいな真面目な話をさせていただきたいと思います」と切り出し、「うがい薬を使うことによって、コロナが減っていく、コロナに効くのではないかという研究結果が出ました」と得意げに語った。ポピドンヨードという成分を含んだうがい薬で1日4回うがいをしたら、軽症者の陽性率が2割まで下がったというのだ。市販のうがい薬で新型コロナ感染を防げるのかと、コメンテーターの星野真理(俳優)も「ウソでしょ、という感じでした」と目をこすったという。

   キャスターの若林有子アナ「ポピドンヨードは強い殺菌効果があり、独特の茶色い色をしています。うがい薬や傷口の消毒薬に使われます」

   吉村知事の会見の直後から、街のドラッグストアではうがい薬が売り切れ、たちまちネットで高値で売られるようになった。反響に驚いた吉村知事は、深夜になってツイッターで「誤解なきよう申し上げると、うがい薬にコロナ予防効果が認められるものではありません。唾液の中のコロナウイルスを減少させて陰性化を加速するということです」と発表内容をほぼ否定してしまった。

本当は陽性なのに、うがいして陰性になるなら逆に危険だ!

tv_20200805120212.jpg

   うがい薬はコロナ予防に有効なのか、吉村知事の先走りだったのか。東邦大の小林寅喆教授はこう解説した。「たしかに、ポピドンヨードはウイルスに対して強い殺菌効果はあるのですが、人間の体の中に入ったウイルスに有効かというのとは別の話です」。つまり、容器に入ったウイルスにポピドンヨードをかけると死滅するが、細胞内のウイルスに効くわけではない。うがいをすれば口の中のウイルスは減るというだけの話なのである。

   むしろ、本当は陽性なのに、うがい薬で唾液のウイルスが減ってPCR検査で陰性になってしまうリスクが高まる。髙橋知典(弁護士)は「リーダーがよくわからない話をしてしまったということですね。トランプ大統領も消毒薬を飲めば防げるみたいなこと言っていましたけどね...。吉村知事もせっかくの信頼を失ってしまいますよ」と心配する。

   望月優大(ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長)「相当ひどい話じゃないかなあ。会見とツイッターでまったく違うことを言っているわけですから」

   知事としての評価は高くても、感染症に関しては素人だ。ちょっと図に乗ってきたかな。

文   カズキ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中