2020年 11月 28日 (土)

「2年未満でコロナ収束」とWHOテドロス事務局長? 小倉智昭「このオッサン、何を根拠に言ってるんだ」! 専門家も「理解できない...」

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長の「新型コロナのパンデミックを2年以内に終わらせるという希望を持っている」という発言に、司会の小倉智昭が「このオッサン、何を根拠に言っているんですか」とかみついた。

   テドロス事務局長の「根拠」は約100年前に起こったスペイン風邪(インフルエンザのパンデミック)が約2年で収束したこと。現代では世界とのつながりがより密接なことはマイナス要素だが、テクノロジーの進歩がプラスになり、トータルすればスペイン風邪よりも早く収束するのではないかと言うのだ。

100年前のスペイン風邪と比較?参考にならないでしょ

tv_20200824115854.jpg

   この見解に対し、東京大学医科学研究所の四柳宏教授は「当時とは状況が違うので理解できない。テドロス事務局長の言うテクノロジーには位置情報のアプリを使った行動制限などが含まれていて、『上手に付き合っていこう』と言いたいのだと思います。しかし、世界がそれをどれくらい理解して実行してくれるかと言うと、全く別問題です」と話す。

   昭和大学医学部客員教授の二木芳人医師も「インフルエンザと新型コロナのウイルスは性格が全く違うので参考にならない。1番大きな差が人口です。スペイン風邪の流行った時の世界の人口は、おそらく20億人もなかったが、今は77億人です。この地球上の人口密集というのは、人から人にうつっていくウイルスを制圧するには大きな障害になります」と否定的だ。

   また、日本感染症学会の館田一博会長は21日(2020年8月)に行われたシンポジウムで「withコロナ時代の新しい生活様式は2020年で終わりません。2021年、2022年、2023年、2024年と続けなければいけない」と発言している。

   二木医師「このウイルスがどのような形で私たちの社会の中で収まっていくのかが1番大事です。風邪のようになるのか、インフルエンザのようになるのか、それとも違った流行パターンを持つのか。その辺がまだ見えませんので『来年はこうなる』という予想を立てて行動をすることは難しいです」

   安全で有効性の高いワクチンができるのもまだまだ先になりそうだ。「ワクチン開発に過度な期待は禁物だ」と専門家は口を揃える。

文   ピノコ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中