2020年 9月 27日 (日)

辞任発表の日、安倍にストレスを与え続けた昭恵は「何の用事かしら?」といぶかりながら官邸に向かったという。妻に何も言っていなかったとすれば、「仮面夫婦」といわれる安倍夫妻を象徴する"事件"だ

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

   安倍晋三首相にストレスを与え続けたという意味では、この人の右に出る者はいないだろう。妻の昭恵である。女性セブンによれば、8月28日(2020年)、突然、官邸に呼び出された昭恵は、「何の用事かしら」と訝(いぶか)りながら向かったという。「そこで血相を変えた総理と対面することになった。総理から辞任することと、想定以上に深刻な病状を伝えられ、さすがの昭恵さんも絶句したそうです」(官邸関係者)

   その後、首相公邸のテレビで安倍の辞任表明会見を見ていたというのである。辞任直前まで、妻に何もいっていなかったとすれば、「仮面夫婦」といわれ続けてきた安倍夫妻を象徴する"事件"であろう。

   たしかに、17日と24日に慶應病院に行く際にも、昭恵は同行していなかったようだ。安倍は8月に入ってから、早めに自宅へ引き上げていたといわれる。自宅の3階には母親の洋子、2階に安倍夫妻が住んでいるそうだ。昭恵には話さなくても、マザコンの安倍は、洋子には辞任の意向を伝えていたはずだ。持病の悪化も、もしかするとがんかもしれないということも。

   それでももし、昭恵には何もいわなかったとすれば、これまでさんざんお前のおかげで苦労を掛けられてきたと、安倍がブチ切れて、「辞任離婚」が現実のものになるかもしれない。まあそうなっても、昭恵のことだから、居酒屋UZUの女将として、面白おかしく生きて行くと思うのだが。

  • 安倍昭恵
    安倍昭恵
  • 安倍昭恵

菅義偉がプレジデントで連載中の「人生相談」のコラムが面白い。総理になっても続けてくれないか

   ところで、隔週刊誌プレジデントで、菅義偉が「戦略的人生論」という連載を始めたのは9カ月前である。小倉健一編集長はよく知っているが、雑誌編集者としては昨今珍しい、とんでもない企画を考えられる、先見性のある男である。今回は結婚したいと思っている彼女の金銭感覚がデタラメなので、どうしようかと思案している学生からの相談。

   菅の答えは、「人生には『長期戦略』の視点が必要。家庭の『財政』について考えてみろ」と答えているが、その中に、「政治の要諦は『国民から見て当たり前のこと』を実行していくことだと常々考えてきました。世の中には当たり前ではない状態のまま放置されていることがたくさんあります」というのがある。

   たとえば携帯電話料金もその一つだとして、2018年に「携帯電話料金を4割下げる」と表明し、他社に乗り換える際に約1万円払わされていた違約金を1000円以下にすると義務付けたと、実績をアピールしている。だが、携帯電話料金は4割どころか、大きく下がってはいない。せめて、60歳以上は今のままで、その下の世代は4割に下げる、母子家庭は無料にしたらどうか。今度は総理大臣だから、そのくらいのことが出来なくてどうする。この人生相談、総理になっても続けたらいい。そうすれば、永田町とは全く違った「庶民の生の声」が聞けて、われわれも総理の「お言葉」を知ることが出来る。どうかね小倉編集長。

小池百合子
小池百合子

元木 昌彦(もとき・まさひこ)
ジャーナリスト
1945年生まれ。講談社で『フライデー』『週刊現代』『Web現代』の編集長を歴任。講談社を定年後に市民メディア『オーマイニュース』編集長。現在は『インターネット報道協会』代表理事。上智大学、明治学院大学などでマスコミ論を講義。主な著書に『編集者の学校』(講談社編著)『週刊誌は死なず』(朝日新聞出版)『「週刊現代」編集長戦記』(イーストプレス)『現代の“見えざる手”』(人間の科学社新社)などがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中