2020年 10月 25日 (日)

<エール>(第75話・9月25 日金曜放送)
「僕のことを思って書いてくれないか」出征する藤堂先生の提案を受け入れ、鉄男は詞を書き上げる。「暁に祈る」は大ヒットとなる

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   古山家をたずねてきた藤堂清晴先生(森山直太朗)は、「近々出征することになったんだ」と、かつての教え子である古山裕一(窪田正孝)、村野鉄男(中村蒼)、佐藤久志(山崎育三郎)に伝える。そして鉄男が作詞に行き詰まっていると聞くと、こう提案した。

   藤堂「僕のことを思って詞を書いてくれないか」

   妻とまだ小さな息子を残して激戦地に赴かねばならない、今の先生の気持ちはどんなものなのか...。鉄男は先生や戦地の兵士たちの心に近づこうという一心で、詞を書き上げた。

裕一、鉄男、久志の「福島三羽ガラス」が見事にデビュー

tv_20200923131809.jpg

   数日後、鉄男は完成した歌詞を携え、裕一とともに陸軍を訪れる。鉄男は兵士たちの望郷の念や家族への情愛など、詞に込めた思いを語った。

   「こんな詞を待っていたんだ」と、陸軍の担当者や鏑木智彦(奥野瑛太)はうなずいた。

   鉄男の詞に裕一がメロディーをつけ、久志が歌を吹き込んだ「暁に祈る」は大衆の心を捉え、大ヒットする。「福島三羽ガラス」は、見事にデビューした。 (NHK総合あさ8時)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中