2020年 10月 25日 (日)

「私たちはどうかしている」衝撃の真犯人に賛否両論!「育三郎のキャラがサイコすぎる」「とんだ茶番劇」「流星くんの裸の肩が目の保養に」「観月ありさの怪演に酔いしれた」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   浜辺美波と横浜流星W主演のドラマ「私たちはどうかしている」(日本テレビ系)最終話が9月30日(2020年)に放送され、ついに先代当主・高月樹(鈴木伸之)の殺害犯人が明かにされた。なんと当時高校生だった多喜川(山崎育三郎)だったのだ。

   この意外な犯人と怒涛の展開に、ネット上では「お前だったのか!」「久しぶりに昭和のベタな昼ドラを堪能できた」という称賛の声と、「とんだ茶番劇」「ツッコミどころ満載」というブーイングが交錯した。

  • 観月ありさが素晴らしいという声が多かった(日本テレビ「私たちはどうかしている」の番組ホームページより)
    観月ありさが素晴らしいという声が多かった(日本テレビ「私たちはどうかしている」の番組ホームページより)
  • 観月ありさが素晴らしいという声が多かった(日本テレビ「私たちはどうかしている」の番組ホームページより)

「久々のドロドロ昭和昼ドラ系を、若い美男美女で楽しんだ」

   物語は、老舗和菓子店「光月庵」の跡取りは、血縁ではなく、より素晴らしい菓子を作る者を選ぶ大旦那(佐野史郎)の決断の元、七桜(浜辺美波)と椿(横浜流星)は菓子対決をすることになった。結果は、最後に2人の菓子を食べ比べた今日子(観月ありさ)の推奨が決め手になり、七桜の勝利に。怒りで半狂乱になった今日子。一方、この騒ぎで大旦那は倒れてしまう。

   その晩、七桜は今日子に「椿の父を殺し、母に無実の罪を着せたのはあなたですね?」と詰め寄るのだった。そこに椿が現れ、今日子ともみ合いになると、今日子は「あなたさえ生まれなければ...」と刃物で七桜を刺そうとする。そこに多喜川が現れて今日子から刃物を奪うと、「僕が殺したんだ!樹さんは私の母を苦しめたから」と、15年前の火事の夜の真実を告白する...という展開だった。

   ネット上では賛否両論が飛びかったが、まず、「面白かった」という声は――。

   「すごく良かったのが、事件の真相が解明されるところを、ほとんどCMを挟まずに一気に見せてくれたところ。城島が議員を問い詰めるところから、犯人は山口?いやいや女将?いやいや多喜川父?なんと多喜川でした!...まで15分以上一切CMがなかったので、画面に釘付けなって楽しむことができた」

   「最終回よかったね。久々のドロドロ昭和昼ドラ系だったけど、キャストは豪華で、主役2人が少女マンガのイメージそのままの美形で見応えあった。最終回ですべてが解明されて、単純に犯人が女将でなかったのが良かった。ハッピーエンドになっていたのも後味が良かった。真犯人とその動機は予想外でした。よく図太く七桜に近づき、良い人面出来たものだとキャラが崩壊でしたけどね」

   「なんだかんだあるけど、楽しませてもらいました。浜辺美波さん、古風な顔立ちだから着物が似合いますね。綺麗でした。何かベタッとした描き方が、ある種の非日常感とともに哀れさを際立たせ、感じ入るものがある作品でした」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中